松本の地で6年前の雪辱を果たす

Jリーグ2ndステージ第1節。
1stステージで優勝した浦和レッズは、アウェー・松本平広域公園総合球技場にて松本山雅FCとの対戦。

1stステージを17戦無敗で制し、2ndステージに入る浦和レッズ。
相手は1stステージ15位で現在5連敗中の松本山雅FC。
松本といえば6年前に当時アマチュアだった松本山雅に天皇杯で敗れている因縁の地。
松本で受けた屈辱が松本でしか返せないので、勝って悪夢を払拭したい試合。

試合は前半12分に武藤選手のヘディングで先制。
後半にも7分に興梠選手が技ありのゴールを決めて追加点。

しかし、松本がオビナ選手を投入してから流れが変わり、人数をかけた攻撃で1点を返す。
その後も浦和陣内に攻め込むが、クロスバーに当たるなどの不運もあって、最後まで追いつく事が出来ずに試合終了。

浦和レッズが松本山雅FCに2-1で勝利して、2ndステージ開幕戦を白星発進。
1stステージからの無敗記録を18に更新しました。

松本戦のチケが獲れずに家からTV観戦。
NHK-BSで中継があったのは幸いでした。

試合には勝ったけど、正直、よく勝てたなというのが本音です。
2点目を取って以降は、終始相手のペースだったし、中盤が完全に間延びして機能していなかった。
同点かと思ったらクロスバーに当たってくれて事なきを得たシーンもあったし・・・。
暑さの影響もあったかもしれないけど、これから暑い中での試合が続くので、夏場に向けた戦い方も考えるべきでしょう。

でも、これで6年前に受けた屈辱を晴らす事が出来ました。
あの時は0-2で負けているので、出来れば3点差以上つけて勝ってほしかったけど、今季の松本戦は2戦2勝出来たので、それで充分だと思います。

TV中継でアルウィンのスタジアムの様子を見たけど、確かに緑色の人が多かったですね。
レッズのゴール裏もいっぱいまで割り当てられていなかったし。
自分も行ってみたかったけど、TLを見ていると試合中に異臭が漂ったとか・・・。
何でも肥料の匂いらしいけど、そういう中での試合観戦は流石に嫌だなぁ(汗)

次節は、4日後にNDソフトスタジアム山形にてモンテディオ山形との対戦。
相手は降格圏内に低迷するチームですが、3月のホームゲームでは苦戦しているので油断の出来ない相手。
再びレッズに在籍していたGK・山岸選手と対決しますが、今度は2点以上取って勝ちたいですね。
最後に松本まで駆けつけたサポの皆様お疲れ様でした。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 勝利の街に響け凱歌―松本山雅という奇跡のクラブ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのトラックバック