ACL連敗で早くもドン底

サッカーACL。
浦和レッズは、ホーム・埼玉スタジアムにてブリスベンとの対戦。

初戦は逆転負けを喫した浦和レッズ。
連敗スタートだと1次リーグ突破が厳しくなる状況。
ホーム・埼スタで流れを変えたい試合。

試合は1-0でブリスベンの勝利。
前半開始早々に先制点を奪われ、その後も相手に押される展開が続き、前半終了と同時にブーイング。

レッズベンチは後半開始に2選手を投入。
後半開始早々はいいリズムで攻めるが、後半6分に那須選手が退場し数的不利に。
結局、同点に追いつくことが出来ずにレッズはACL連敗スタート。
1次リーグ突破に早くも黄信号が灯りました。

今日の試合は埼スタへ行かず、CS契約もしていないので、TL等のネットで確認する程度。
ブログを更新している、この段階では、まだ映像を見ていませんが、ゼロックス杯同様にお粗末な試合だったようです。
これで今季公式戦3連敗。
昨年終盤からの負の連鎖を未だに引きずっているような気がしますね。
あえて収穫を上げるとすれば、興梠選手が今季初スタメンで90分戦えた事ぐらいでしょうか。
阿部選手が試合後にゴール裏と何かやり合ったらしいが、選手とサポーターとの間に広がっている溝が、ますます広がってきそうで不安です。

ACL2試合消化した時点で柏が1勝1分でグループ首位だが、その他の浦和、ガンバ、鹿島の3チームは連敗でグループ最下位。
昨年のトップ3がこれでは、Jリーグのレベルは低いと言われても返す言葉がありません。
まだ、残り6試合あるけど、この先は過密日程になるので、大きく盛り返す事は厳しいでしょう。

今週末からJリーグが開幕するけど、全くと言っていいほど気持ちが高ぶってきません。
ゼロックスみたいなサッカーを金払ってまで観たいとは思いませんよ。(何試合かチケは購入しているが)

開幕戦の相手はBMWスタジアム平塚にて湘南ベルマーレとの対戦。
相手は昇格チームだが、昨年はJ2を独走で優勝していて、先日のNHKのスポーツニュースを見る限り、なかなか厄介そうな攻撃をしてくるチームといった印象。
この開幕戦で負けるような事があれば、フロントは大きな決断を迫られる事になると思います。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by (Jリーグエンタープライズ)J.LEAGUE ENTERPRISE 浦和レッドダイヤモンズ タオルマフラー 1101146  レッド F の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのトラックバック