映画「バンクーバーの朝日」

映画「バンクーバーの朝日」を鑑賞しました。

この映画は、1900年代初頭のカナダに暮らす日系人が、過酷な環境にあえぎながらも野球チームを結成、戦術やひたむきさでやがて白人に認められていくさまを実話を基に描くドラマ。
体格で勝るカナダ人を相手に、力ではなく技術で立ち向かっていく彼らの姿に注目。

ストーリーは、1900年代初めのカナダ・バンクーバー。
貧しい日本から新天地を目指してカナダにやって来た日本人たちは、想像を絶する激しい肉体労働や貧しさに加え、差別にも苦しんでいた。
製材所で働くレジー笠原(妻夫木聡)やケイ北本(勝地涼)、漁業に携わるロイ永西(亀梨和也)らは野球チーム「バンクーバー朝日」に所属し、最初は白人チームにばかにされながらも、次第に現地の人々にも認められていく。

実話を基にした作品。
当時は日本人と白人との野球に実力差があった中で、どのようにして白人チームを相手に戦ったのかが鑑賞前
から気になっていました。

野球をテーマにした作品だが、もう1つのテーマが外国で生活する事での差別と迫害。
新天地を求めてカナダへ訪れた日本人達に待っていたのは低賃金で過酷な労働と、白人からの人種差別。
白人は黒人に対しても差別をしているが、白人って、そんなに偉いのかと人種差別を扱った映画を観る度に思ってしまいます。

日本人のみで結成した野球チーム「朝日」で地元の白人チームと野球で対戦するが、ここでも白人達のパワーに歯が立たない。
そんな中でレジー(妻夫木聡)が思いついたのが、バントや盗塁、スクイズなどを駆使する今でいう「スモールベースボール」。
そのプレーが白人の観衆からも支持され、最後はリーグ戦で優勝を飾るまでに至る。
実話とはいえ、良く出来たサクセスストーリーですよ。

主要キャストを見ていると、野球経験者を多く集めていますね。
エースであるロイ永西演じた亀梨和也は小学生時代にリトルリーグの世界大会に出場した経験があって、日本テレビ系列の「Going」ではプロ投手の速球や変化球を難なくキャッチしたりするなど野球の実力はなかなかのもの。

捕手役のトム三宅演じた上地雄輔は名門・横浜高校野球部OBで1学年後輩の松坂大輔投手とバッテリーを組んでいた球歴の持ち主。
ホテルのベルボーイとして働きながら野球をやっていたフランク野島演じた池松壮亮も高校まで本格的に野球をやっていた経歴を持つ。
主演の妻夫木聡と、今や前髪クネ男のイメージが強い勝地涼は野球経験者ではないようですが、ここまで野球経験者を集めた事で試合のシーンは、他の野球映画に見られない「野球らしさ」が見られたような気がします。

全体的に観た感想としては、当時の世相を反映させていたからなのか、大きく盛り上がるような場面が少なかった事。
野球の試合にしても淡々と話を進めていて、優勝もサヨナラ勝ちで決めたのに、今見たくチームメイト全員で喜び合ってなく応援に駆け付けた人達に挨拶するのみ。
何だか「勝った」という感じがしませんでしたね。

野球を通じて白人達から支持を集めたバンクーバー朝日。
「スポーツに国境はない」という事を、この映画を通じても証明されるのだが、そんな彼等に新たな試練が訪れてしまう。
それは太平洋戦争勃発。
日本がアメリカに宣戦布告をした事で、アメリカの隣国であるカナダにとって日本は敵国とみなされ、日本人は収容所への送還を命じられ、朝日のメンバーもバラバラになってしまう。
スポーツに国境がなくても、戦争によって仲間がバラバラになってしまう事への矛盾さと理不尽さを強く感じました。
決してハッピーエンドで終わらなかったところが、この映画の最重要項目だと思います。

今では日本の野球もアメリカに近づき、第2回WBCではアメリカに快勝し、今年の日米野球でも日本の投手陣がアメリカ打線をノーヒットノーランに抑えた。
そして、個の力でも野茂投手やイチロー選手のようなMLBでもスター選手が出現しました。
そんな日本の野球の歴史を今後に語り継いでいく上でも、バンクーバー朝日というチームの存在を忘れてはいけないでしょう。

(追記)
大変失礼しました。
トラックバックとコメントを受け付けない設定になっていたので、解除しました。
トラックバックとコメントをお待ちしておりますm(_ _)m


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 【文庫】 バンクーバー朝日~日系人野球チームの奇跡~ (文芸社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのトラックバック

  • 『バンクーバーの朝日』 (2014)

    Excerpt: 閉塞感を打ち破る、切なき輝き! 史実が訴える重みに圧倒されつつ、深い感動に包まれる至高の一本であった。 本作は、『舟を編む』(12)にて最年少で日本アカデミー賞を制した俊英、石井裕也監督作。齢の.. Weblog: 相木悟の映画評 racked: 2014-12-23 23:50
  • バンクーバーの朝日

    Excerpt: バンクーバーの朝日@有楽町朝日ホール Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2014-12-24 07:31
  • バンクーバーの朝日

    Excerpt: カナダ・バンクーバーに移住した 日系移民の野球チーム「バンクーバー朝日」が 歴史を残していた。 実話を基にして描いています。 監督は石井裕也。 野球チーム「バンクーバー朝日」のキャプテン、 レ.. Weblog: 花ごよみ racked: 2014-12-24 07:50
  • 『バンクーバーの朝日』

    Excerpt: 差別にも負けず、野球で日系移民の希望となったチームがあった。ただそれだけで他に何も描いていない映画。 恐らく各事務所の圧力が入り乱れたがために、石井裕也監督を始め製作 ... Weblog: こねたみっくす racked: 2014-12-24 11:27
  • バンクーバーの朝日 ジャパンプレミア

    Excerpt: 移民の苦難と忍耐 公式サイト http://www.vancouver-asahi.jp12月20日公開 監督: 石井裕也  「舟を編む」 「ぼくたちの家族」 19世紀末から戦前にかけて、一攫千金を夢.. Weblog: 風に吹かれて racked: 2014-12-24 15:37
  • バンクーバーの朝日 ★★★.5

    Excerpt: 1900年代初頭のカナダに暮らす日系人が、過酷な環境にあえぎながらも野球チームを結成、戦術やひたむきさでやがて白人に認められていくさまを実話を基に描くドラマ。メガホンを取るのは『舟を編む』『ぼくたちの.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2014-12-25 12:26
  • 「バンクーバーの朝日」スモールベースボールの原点を知った先にみたベースボールを通じて乗り越えた人種の壁と日本人のひたむきなプレー

    Excerpt: 「バンクーバーの朝日」は戦前のカナダバンクーバーに実在した野球チームバンクーバー朝日の実話のストーリーである。戦前のカナダバンクーバーで差別に苦しみながらも野球を通じ ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2014-12-27 06:41
  • バンクーバーの朝日

    Excerpt: 明日も見えない異国の地で、 そのチームは希望になった。 上映時間 133分 脚本 奥寺佐渡子 監督 石井裕也 出演 妻夫木聡/亀梨和也/勝地涼/上地雄輔/池松壮亮/高畑充希/宮崎あおい/貫地谷しほり.. Weblog: to Heart racked: 2014-12-27 22:55
  • 『バンクーバーの朝日』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「バンクーバーの朝日」□監督 石井裕也□脚本 奥寺佐渡子□キャスト 妻夫木聡、亀梨和也、勝地涼、上地雄輔、池松壮亮、       高畑充希、宮崎あおい、佐藤浩市■鑑賞.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2014-12-28 08:48
  • バンクーバーの朝日

    Excerpt: 映画館はちびっ子たちであふれていたけど、ここのスクリーンはお年寄りばっかでした Weblog: ハリウッド映画 LOVE racked: 2014-12-29 11:43
  • 映画『バンクーバーの朝日』を観て

    Excerpt: 14-102.バンクーバーの朝日■配給:東宝■製作年、国:2014年、日本■上映時間:132分■料金:0円(1ヶ月FP利用)■鑑賞日:12月23日(TOHOシネマズ渋谷) □監督:石井裕也◆妻夫木聡.. Weblog: kintyre's Diary 新館 racked: 2015-01-04 14:07
  • バンクーバーの朝日

    Excerpt:  『バンクーバーの朝日』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)『ぼくたちの家族』や『舟を編む』の石井裕也監督の作品ということで映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「海の向こうで.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2015-01-13 06:20
  • 「バンクーバーの朝日」

    Excerpt: 2015年最初に観た作品。もちろん息子と一緒に、である。公開時から観ることは決めていたが、少年野球の頃から(もっと言えば保育園の頃から)交流のあるママ友さんが、息子さんと観に行って「すごく良かったわよ.. Weblog: ここなつ映画レビュー racked: 2015-01-26 17:17
  • 『バンクーバーの朝日』(一部、『KANO 1931海の向こうの甲子園』)

    Excerpt: ----バンクーバーってカナダだよね。 これっていつごろのお話。 プレスに写っている俳優さんたちのファッションも どことなく古めかしいけど…。 「そうだね。 ではまずは時代背景から。 19世紀末から.. Weblog: ラムの大通り racked: 2015-01-27 00:14