侍ジャパン ノーヒットノーランリレーで日米野球勝ち越し

日米野球第3戦。
侍ジャパンがMLB選抜相手にノーヒットノーランに抑えて、日米野球勝ち越しを決めました。

ここまで日本の2連勝。
このまま3連勝して24年ぶりの日米野球勝ち越しを決めるか。
それとも、MLB選抜が意地を見せるか。

先発は侍ジャパン・則本、MLB選抜・ガスリーの両投手。
試合は侍ジャパンが2回に坂本選手、3回に中田選手が、それぞれ2ランホームランを打って序盤で4点先制。

則本投手は立ち上がりから快調な投球でMLB選抜相手に奪三振ショーで走者も出さない完璧な投球。
結局、5回まで投げてパーフェクトに抑える快投。

その後も、6~7回を西投手、8回を牧田投手、そして9回を西野投手の継投で、後続の3投手もMLB選抜相手にノーヒット。
結局、侍ジャパン投手陣のノーヒットノーランリレーで4-0で勝利。
これで今年の日米野球3連勝として、24年ぶりに勝ち越しを決めました。

今日の試合はTV観戦。
昨日の客の入りも凄かったけど、今日も土曜日だけあって超満員でしたね。

パ・リーグ奪三振王の則本投手。
タイプ的にはストレートとスライダーのパワーピッチャーのイメージが強いだけに、MLB選抜相手に力の投球が通用するか注目していましたが、自分の予想より遥か上を行く投球。
ストレートも走っていたし、変化球もキレがあった。
捕手がチームメイトの嶋選手だったのも則本投手にとって大きかったと思います。

球数制限があるので、何回まで投げるのか気になっていましたが、あっさり5回で交代しましたね。
おどらく、それが試合前から考えていたプランだったのでしょう。
その後の西、牧田両投手は四死球こそ出したけど、則本投手が繋いだ流れを引き継ぎ、最後は西野投手が三者凡退に抑える好投。
ホームランの出やすい東京ドームでMLB相手にノーヒットに抑えるなんて誰が思ったでしょうか?

打つ方では前日は音なしだった坂本選手と中田選手にホームランが出たのが良かったです。
特に中田選手は4番として過去2試合は今一つだっただけに、価値あるホームランでした。

明日も東京ドームで第4戦。
侍ジャパンの予告先発は藤浪投手。
残り2試合も勝って、2006年の借りを返したいですね。(辞退者続出で自業自得だった部分もあるが・・・)



この記事へのトラックバック