ホークス・工藤監督誕生

日本シリーズを制して日本一に輝いた福岡ソフトバンクホークス。
既に退任が決まっていた秋山監督の後任に工藤公康氏が就任しました。

工藤監督は、現役時代は投手として29年間プレー。
4球団を渡り歩き通算224勝。
2010年に現役引退後は野球評論家として活動していましたが、この度、ホークスの監督に就任する事になりました。

既に監督報道が出ていたので、特に驚くことはありません。
でも、ホークスとしては他に人材はいなかったのかなと思う部分があります。
そう考えたのは、まず工藤監督はコーチの経験がない事。
コーチ経験なしで優勝したとなると最近ではドラゴンズ・落合監督とファイターズ・栗山監督がいますが、2人と違って工藤監督は投手出身なので野手に目配り出来るのでしょうか?

ホークスは日本一に輝いたチーム。
最強チームを、いきなり来年率いるのだから荷が重そう。

でも、やはり工藤監督には期待したい。
秋山監督がつけていた背番号81を引き継いだ事からも、強いチームを継続していきたいと思う気持ちも強い事でしょう。

あと、今日からFA戦線も解禁。
早速マリーンズ・成瀬投手と、スワローズ・相川選手がFA権を行使する事を表明。
この後もFA権を行使する選手が増えてくると思いますが、移籍先はどこなのか、あるいは残留するのか。
ストーブリーグにも注目していきたいです。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by DVDでマスター 工藤公康のピッチング・バイブル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのトラックバック