ファイターズが福岡切符獲得

パ・リーグCS第1ステージ。
北海道日本ハムファイターズが、延長戦の末にオリックスバファローズに競り勝って、最終ステージ進出を決めました。

ドーム球場ですが、台風の影響で1日順延になった3戦目。
1日試合がなかった影響はどうなるのか。
先発はバファローズ・西、ファイターズ・メンドーサの両投手。

試合は1回裏にバファローズが、ケガで登録抹消された平野恵一選手に代わって1番に起用された駿太選手が先頭打者初球ホームランでバファローズがいきなり先制。
その後も得点圏に走者を何度か進めるが、あと1本が出ない。

バファローズの先発・西投手も再三のように得点圏に走者を背負う苦しい投球が続くが要所を締めて5回まで無失点に抑える力投。
試合は1-0でバファローズリードで終盤へ。

過去2試合で6回に得点が入っていたが、この試合でも6回に動きあり。
ファイターズが一死一、三塁と一打同点のチャンスを作り、ここでファイターズベンチは稲葉選手を代打に起用。
稲葉選手は2戦に続いて代打でタイムリーヒットを打って同点。

その後は両チームとも継投策に入り、ともに決定打が出ずに試合は1-1のまま延長戦へ。
延長10回表にファイターズが4番・中田選手に勝ち越しホームラン。
この1点を抑えの増井投手が守って2-1でファイターズが勝利。
パ・リーグのCS第1ステージは2010年以降5年連続で3位チームが勝ち抜く事になりました。

帰宅してTV観戦していましたが、1点を巡っての見応えある攻防。
投手戦というより貧打戦とも言えますが、それだけ両チームのベンチ、選手共に、この試合に懸ける気持ちが強かったという事でしょうね。

ファイターズは3番・陽、4番・中田がブレーキでしたが、決勝点を叩きだしたのは4番・中田選手のバット。
こういう場面で打てるのは、これぞ4番。
伊達に打点王のタイトルを獲得していませんね。

勝率の差でリーグ優勝を逃がしたバファローズ。
CSでホークスとの再戦を期待していたけど、力及びませんでした。
最後は抑えの平野投手が打たれて負けましたが、それ以前に得点圏で打てなかったのが1番の敗因。
5回の満塁の場面での併殺、8回の一死三塁の場面で3、4番が連続三振と、この2つの逸機が惜しまれますね。

これで最終ステージのカードは福岡ソフトバンクホークスvs北海道日本ハムファイターズに決定。
2004年にポストシーズン制を導入後、ホークスはファイターズに5戦全敗。
しかし今回は、これまでと違って福岡での試合なので、アドバンテージの1勝含めて有利な状況で試合が出来ます。

予告先発はホークス・大隣、ファイターズ・浦野の両投手。
セ・リーグの最終ステージも同時開催なので、明日以降も東京と福岡の試合から目が離せなくなるでしょう。


オリックス・バファローズあるある
ティー・オーエンタテインメント
佐藤信一郎
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by オリックス・バファローズあるある の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのトラックバック

  • 【パCS】日本ハム、ファイナルステージ進出

    Excerpt: (京セラドーム大阪) 日本 ハム000 001 000 1=2 オリックス100 000 000 0=1 〔延長10回〕 <投手> (日)メンドーサ-鍵谷-白村-宮西-クロッタ- .. Weblog: FUKUHIROのブログ・其の参 racked: 2014-10-15 04:53