福岡ソフトバンクホークスが3年ぶり日本一

福岡ソフトバンクホークスの3年ぶり6度目の日本一が決定しました。

2014年日本シリーズ。
福岡ソフトバンクホークスvs阪神タイガースの第5戦は福岡ヤフオクドームでプレーボール。
ここまでホークスの3勝1敗。
昨日は、ホークスが劇的なサヨナラホームランで勝って勢いもある。
本拠地・福岡で一気に決めるか、それともタイガースが勝って甲子園に舞台を戻すか。

先発はホークス・攝津、タイガース・メッセンジャーの両投手。
試合は序盤から両先発投手の投げ合い。
お互いに再三のように得点圏に走者を背負う投球だが、バックの好守などもあって1点が遠いに展開に。

ホークスは7回から継投に入るが、タイガースはメッセンジャー投手を続投。
試合は0-0のまま、8回裏のホークスの攻撃で2安打を絡めて一死一、三塁と先制のチャンス。
4番・李大浩選手は三振に倒れたが、5番・松田選手がフルカウントからのストレートを弾き返して均衡を破る先制タイムリー。

日本一へ、あと1イニングとしたホークスは9回表のマウンドにサファテ投手を投入するが、3つの四球で満塁と日本一どころか一打逆転の大ピンチ。
この場面で打席に立った西岡選手にも3ボール1ストライクと押し出しのピンチだったが、5球目のストレートを打ってファーストゴロ。
まず本塁に投げて2アウトで、細川捕手が一塁に送球して併殺で日本一かと思われたが、この送球が西岡選手に当たって、その間に2人の走者がホームイン。

しかし、西岡選手がラインの内側を走って守備妨害を取られてアウト。
この瞬間に福岡ソフトバンクホークスの日本一が決まりましたが、何とも後味の悪いというか前代未聞の幕切れになってしまいました。

レギュラーシーズン、CSと苦しみながら勝ち抜いたホークスですが、日本シリーズは4勝1敗と比較的あっさりと決めました。
でも、試合内容を見ていると、完勝といえるのは第3戦のみで、あとの3勝はどっちが勝っていてもおかしくなかった試合。
それだけ両チームの投手陣の好投が光ったシリーズでもありました。

最後は守備妨害で決着という前代未聞の決着。
TVで見ていた自分が呆気に取られたのだから、球場で観戦していた観客の人達はもっと呆気に取られていたでしょう。
TVでのスローVTRを見ている限りでは、確かに西岡選手はラインの内側を走っていましたね。
今シリーズでは誤審と思われるようなシーンが幾つか見受けられましたが、このシーンに関しては審判はよく見ていたかなと思います。

そもそも制球に苦しんでいるサファテ投手に3ボール1ストライクから打ちに行ったのが運のつき。
1ストライクだってボール球に手を出してのファールだったし・・・。
まだ1アウトだった事から、次の1球は見逃した方がホークスバッテリーもきつかったと思います。

シーズン2位からCSを制して日本シリーズに進出したタイガース。
2戦以降は打線が沈黙し、福岡での3試合は細かいミスも目立ちました。
日本シリーズ敵地9連敗という不名誉な記録まで更新しまうとは、ネタ作りの為に日本シリーズに出場してしまったような感じです・・・。

ホークスは、今季限りで退任する秋山監督に華を添える日本一。
かつて退任が決まっている監督が日本一になった例は、自分の知る限りではないだけに歴史に残る日本一になったと思います。

まだ自分の中では引っかかる部分がありますが、福岡ソフトバンクホークス3年ぶりの日本一おめでとうございます。
大型補強が取り上げられがちですが、若手の生え抜き野手が次々と台頭したので、来年以降も強いホークスは続いていくと思います。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 週刊ベースボール増刊 福岡ソフトバンクホークス優勝記念号 2014年 10/31号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのトラックバック