錦織選手が日本人初の決勝進出

テニスの全米オープン準決勝。
錦織選手が世界ランキング1位のジョコビッチ選手に3-1で勝利。
日本人初となる4大大会決勝進出を決めました。

第1セット・錦織、第2セット・ジョコビッチがそれぞれセットポイントを獲得。
第3セットはタイブレークに持ち込んで迎えた第4セットも6-3。
勢いのまま第1ゲームを鋭いサーブリターンでブレイクすると、第8ゲームでは、この日最速となる195キロのサーブを放つなどギアを入れてサービスゲームをキープ。
5-3で迎えた第9ゲームも、流れに乗って制してジョコビッチ選手を下しました。

この試合のTV中継は有料放送でしかなかったので、試合中は寝ていたのですが、今朝起きて錦織勝利のニュースを目にしました。
全盛時の伊達選手でも経験しなかった決勝進出。
改めて快挙である事を認識しますね。

これまで上位に進出してもケガにより棄権など、ここ1番で勝てない印象が強い錦織選手ですが、今大会が猛暑の中、4時間超えの戦いを制したり、世界ランキング1位に勝ったりと勢いだけでなく地力も備わってきている事を感じます。
ここまで来たら、錦織選手には是非とも優勝してほしいです。

(追記)
決勝戦の相手はクロアチアのチリッチ選手に決定。
この選手も4大大会初の決勝進出。
過去の対戦成績は錦織選手が5勝2敗でリードしていますが、相手も決勝まで勝ち上がってきた選手。
過去のデータは関係ないでしょう。


錦織 圭 フィフティーン・ラブ
実業之日本社
神 仁司
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 錦織 圭 フィフティーン・ラブ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのトラックバック