4連勝で首位堅持

Jリーグ第25節。
首位・浦和レッズは、デンカビックスワンスタジアムにてアルビレックス新潟との対戦。

今シーズンも残り10試合。
前節から中2日で臨むアウェー・新潟戦。

試合は2-0でレッズの勝利。
立ち上がりは相手の激しいプレスに苦戦し、相手にゴール前で決定機もあったがGK・西川選手の好守もあってゴールを割らせず。

一方の攻撃ではシュート0本だったが、前半22分に興梠選手のチーム初シュートが先制点に。
これで興梠選手は昨年に続いてシーズン2ケタゴール。(一昨年の鹿島時代も含めて3年連続)

後半5分には森脇選手の個人技から2点目。
守備でも無失点に抑えて、これで4連勝。
2位・川崎フロンターレとの勝ち点差は6のままですが、次節敗れても首位にいられる事が確定しました。

新潟は遠征の中でも近い方なので出来れば行きたかったのだが、家の用などあって不参戦。
今年は冷夏だったとはいえ、時期的に収穫の秋なので新潟へ行けずに残念・・・。
試合中もネットやNHKのデータ放送で確認する程度でしたが、勝ててホッとしています。

シュート数は相手の方が多いので、新潟の方がボールを支配していたのでしょうか。
どうも新潟戦は内容は悪いけど勝ってしまう事が多いのでね(笑)
今シーズンも残り少ないので、ここまで来たら内容より結果が大事です。

前節のスタメンから平川、宇賀神の両サイドを外して、関根、梅崎をスタメンで起用。
スタメンで起用された関根選手が先制点をアシストし、フル出場を果たすなど、彼にとっては最高の経験になった事でしょう。
この流れでレギュラーも射止めたら最高ですけどね。

次節はアウェー・ヤンマースタジアム長居にてセレッソ大阪との対戦。
シーズン前は優勝候補と言われていたのに、現状は降格圏内に低迷するチーム。
6億円の選手もベンチウォーマーらしい・・・。
そんなバラバラなチームには負けられないので、きっちり勝って9月を終えましょう。
最後に新潟まで駆けつけたサポの皆様、ご苦労様でした。


アルビレックス新潟あるある
TOブックス
浅井健一郎
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アルビレックス新潟あるある の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのトラックバック