北信越、東北勢が好調

夏の甲子園も今日で7日目。
49代表全てが出揃いました。

今日の試合結果は以下の通り。
沖縄尚学(沖縄)3-1作新学院(栃木)
八戸学院光星(青森)4-2武修館(北北海道)
富山商(富山)3-1関西(岡山)
敦賀気比(福井)10-1春日部共栄(埼玉)

ここまで目につくのは北信越と東北勢の好調ぶり。
北信越勢は4県全てが初戦突破し、今日も富山商と敦賀気比が勝ってベスト16進出。
東北勢も角館(秋田)以外の5県は初戦突破。
あと、北海道も東海大四(南北海道)が優勝候補の一角・九州国際大付(福岡)に完勝し、武修館も光星学院光星に善戦するなど健闘しています。

これまで東北、北信越の地域は優勝経験がなく、かつては出ると負けのイメージが強かった地域。
今回の現象は今年だけに限らず、ここ数年でもベスト8以上に駒を進めるところも出ているので、それだけ高校野球にも地域差がなくなっているという事でしょう。
野球留学生云々は別にして・・・。

一方でセンバツ優勝の龍谷大平安(京都)をはじめ、東海大相模(神奈川)、九州国際大付(福岡)、智弁学園(奈良)など有力校が初戦で姿を消すシーンが多いのも今大会の特徴。
大阪桐蔭も相手の自滅で勝てたような感じだったし。

例年よりも涼しいと言われる甲子園。
今週も天気が不安定らしいけど、これ以上の順延は出来ないので、何とか天気も持ちこたえてほしいです。



この記事へのトラックバック

  • 琉球のライアン・山城大智が14K。

    Excerpt: <夏の高校野球>沖縄尚学ライアン山城 作新を14K完投 - エキサイトニュースhttp://www.excite.co.jp/News/sports_g/20140817/Mainichi_20140.. Weblog: <徳島早苗の間> racked: 2014-08-18 10:42