日本vsギリシャ

ブラジルW杯。
日本はギリシャとの対戦でスコアレスドロー。
決勝トーナメント進出へ、非常に厳しくなりました。

ギリシャ戦のスタメンは以下の通り。
GK:川島
DF:内田、今野、吉田、長友
MF:長谷部、山口
FW:本田、岡崎、大久保、大迫

試合は日本がボールを支配し、立ち上がりから攻勢に出る展開。
さらに前半でギリシャに退場者が出て数的有利に立つが、ゴールを割れず。

大久保選手の決定機でのシュートミスなどもあって、結局1人少ないギリシャにゴールを奪えないまま試合終了。
両チームともに勝ち点1を分け合う結果に終わりました。

日本時間で朝7時のキックオフとあって早朝出勤して職場でTV観戦した試合。
1人少ない相手にスコアレスドローで、交代枠も1つ残したまま。
結局、消化不良のまま試合が終わってしまいましたね。

不調の香川選手を下げて大久保選手をスタメン。
これは正しい判断だったと思います。
コートジボアール戦で全く動けていなかった大迫選手の1トップには「何で?」と思ったけど、ギリシャ戦では果敢にシュートを撃ったりと動きは良かったですね。
それでもギリシャに勝つ事が出来なかった。
単純に日本の実力不足なのでしょう。

その交代枠も判を押したように決まった選手。
しかも、コートジボアール戦同様に吉田選手を前線に上げてパワープレーを仕掛けたりする迷走ぶり。
W杯は結果が全てとはいえ、これではベンチで出番を伺っている選手も不信感を増すと思います。

次の対戦は既に決勝トーナメント進出を決めているコロンビア。
日本が決勝トーナメントに進出するには、まずコロンビアに勝つ事が第1条件。
自分の中ではGL敗退濃厚と見ていますが、せめて一泡ふかすくらいの気持ちで挑んでいけたらと思います。

この記事へのトラックバック