龍谷大平安がセンバツ初優勝

京阪対決となったセンバツ高校野球決勝。
龍谷大平安(京都)が履正社(大阪)に勝ち、38回目の出場にして初のセンバツ優勝を決めました。

試合は初回から動き、龍谷大平安が先頭打者の三塁打と内野安打で、わずか5球で先制。
更に押し出し死球で、この回2点を先行。

その後は履正社が反撃すれば、龍谷大平安が突き放す展開。
4-2と龍谷大平安2点リードで迎えた8回裏に履正社が一死満塁と同点、逆転のチャンスを作るが、龍谷大平安の継投策の前に無得点。

ピンチを凌いだ龍谷大平安は9回に4番・河合選手がダメ押しとなる2ランホームラン。
結局、龍谷大平安が6-2で履正社を振り切り、念願の初優勝を飾りました。

関西勢の対決となった決勝戦。
両校は昨秋の近畿大会でも対戦していて、その時も龍谷大平安が勝利。
まさに返り討ちの形となった試合結果でした。

夏は全国優勝の経験がある龍谷大平安ですが、春は今回が初優勝。
しかも決勝進出も初めて。
38回も出場しているけど、今までセンバツで決勝進出がなかったとは意外なデータです。

豊富な投手陣と強力打線でセンバツを制した龍谷大平安。
準々決勝の桐生第一戦では4点差をひっくり返してのサヨナラ勝ち。
準決勝では大会屈指の左腕・田嶋投手を攻略と、中身の濃い優勝でもあります。

センバツは終わりましたが、既に夏へ向けての戦いが始まっています。
センバツ出場校は勿論ですが、出場していない高校にも注目校は多いので、夏に向けての熱い戦いから、高校野球ファンは目が離せないですね。

龍谷大平安高校、センバツ優勝おめでとうございます。
京都の桜が暖かく出迎えてくれて羨ましい限りです。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 報知高校野球 2014年 03月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのトラックバック