ソチ五輪閉幕

ソチ五輪もいよいよ閉幕。
17日間のドラマが終わります。

最終種目となる男子アイスホッケー決勝。
決勝カードはカナダvsスウェーデン。
前回覇者のカナダが五輪連覇なるか、トリノ五輪王者のスウェーデンが2大会ぶりに金メダルを獲得するか注目の試合。

試合はカナダが3-0でスウェーデンに完勝し、五輪連覇を達成。
第1ピリオドから第3ピリオドにかけて1点ずつ加点。
危なげない試合運びで、既に金メダルを獲得している女子とともにアベック金メダルを達成しました。

男子アイスホッケー決勝はNHK総合で中継していたので、TV観戦していましたが、「氷上の格闘技」と言われるだけあって、肉弾戦が多く迫力ある試合でした。
そして、カナダが点差以上に力の差を見せつけた感じの決勝戦でした。

これでソチ五輪の全競技が終了しました。
日本のメダル数は金1、銀4、銅3の計8個。
長野五輪の10個に続く数で、国外の冬季五輪では最多数となります。

ソチ五輪の総括記事は、別記事にて更新します。


この記事へのトラックバック