田中将大が今季初黒星 決着は最終戦へ

2013年日本シリーズ。
東北楽天ゴールデンイーグルスvs読売ジャイアンツの第6戦は、舞台をクリネックススタジアム宮城に戻してプレーボール。

イーグルスが3勝2敗と王手をかけての第6戦。
今季負けなしのエースを立てて、本拠地で初の日本一達成なるか。
先発はイーグルス・田中、ジャイアンツ・菅野の両投手。

試合は2回にイーグルスが内野ゴロと相手エラーで2点を先制。
田中投手も4回までジャイアンツ打線を無得点に抑える好投を見せていたが、ジャイアンツが5回に反撃。
今シリーズ当たりのなかった坂本選手が先頭打者で二塁打を打って出塁し、この試合の第1打席でようやくシリーズ初安打が出たロペス選手に2ランホームランが出て同点。

同点に追いついてイケイケのジャイアンツは、その後も連打などで逆転のチャンスを掴んで3番に起用された高橋由伸選手が勝ち越しタイムリー。
6回には内野ゴロで1点追加。

ジャイアンツの先発・菅野投手は、2回こそ乱れたが、それ以外のイニングでは安定した投球。
7回を投げて3安打に抑える好投で先発投手の役割を果たし、8回以降を山口-マシソンのリレーで逃げ切って、ジャイアンツが逆王手をかけました。
一方で、イーグルスの田中投手は今季初黒星を日本シリーズで喫しました。

5試合終了時点でチーム打率1割台のジャイアンツ打線に、先発が田中投手という事もあって、大方の予想はイーグルスが日本一になると思っていたでしょう。
ところが、いざフタを開けてみると、シーズン中でもなかった2ケタ被安打に4失点。
本当に勝負はやってみなければわからないを地で行く試合結果でした。

TVで観ていて、いつもの田中投手ではないと思っていました。
3ボールが多かったし、序盤から落ちるボールを多投していた。
それでも名前で抑えられる投手なので、2点リードはジャイアンツにとって、ただの2点差ではないと思っていました。
5回以降は別人のような投球でしたが、最後まで一人で投げ抜いたのは流石だなと思いました。

その負けなしのエースに投げ勝った菅野投手の好投もジャイアンツの勝因の1つですね。
CSでは前田投手に投げ勝ち、日本シリーズでは田中投手に投げ勝つ殊勲。
ドラフトの件で悪い印象がありますが、実力は誰もが認めるところでしょう。

いよいよ、決着は第7戦へ。
予告先発はイーグルス・美馬、ジャイアンツ・杉内の両投手。
田中投手を攻略した事で、ジャイアンツ有利の声もあるかと思いますが、まだ本拠地で戦えるイーグルスの方が有利かなと思います。
どちらが勝っても文句がないような球史の残る一戦を期待しています。




この記事へのトラックバック