ザックジャパン ベルギーに勝利

サッカー日本代表がベルギーとの国際親善試合。
世界ランク5位のベルギーに3-2で勝利しました。

スタメンは以下の通り
GK:川島
DF:森重、吉田、酒井宏、酒井高
MF:長谷部、本田、山口
FW:香川、清武、柿谷

オランダ戦からスタメン6人入れ替え。

試合は前半15分にベルギーにミスを突かれて先制されてしまうが、前半37分に右サイドからクロスをFW・柿谷選手が頭で合わせて同点。
前半は1-1で折り返し。

後半開始早々、日本は遠藤選手と岡崎選手を起用。
後半8分に、日本が途中交代の遠藤を起点にベルギー陣内に攻め込んで、最後は本田選手が右足で決めて勝ち越し。
18分には、岡崎選手が決めて追加点。

その後、ベルギーに1点を返されたが、リードを守り切って3-2で勝利。
日本が敵地でもあるベルギーに勝利。
国際親善試合を1勝1分けの結果で、今季最後のA代表の試合を締めくくりました。

日本時間の早朝からの試合で、TVで試合を観たのは後半になってから。
起きてTVをつけて間もなく本田選手がゴールを決めた時は、一気に眠気が覚めましたよw
流れるようなパスワークも見事でした。

ベルギーというと、2002年の日韓W杯で戦った相手。
あれから11年経ったのですね。
本当に時の流れは早いものです。

そのベルギーは既に来年のW杯出場を決めていて、世界ランク5位。
ヨーロッパを勝ち抜く程のチームなのだから、日本より各上である事は確かですね。

守備は相変わらず不安定ですが、攻撃の形は2試合とも良かったですね。
1トップで起用された大迫選手、柿谷選手共に1ゴール1アシスト。
ボランチでスタメン起用された山口選手しかりJリーグ勢の活躍も目につきました。

これで今年のA代表マッチは終了。
来年のブラジルW杯に向けて、課題は大きいけど、ザッケローニ監督には誰もが納得するような選手起用を行ってほしいです。
Jリーグ勢にも、まだまだA代表で試してみるべき選手は多いのだから。


FIFA 2002 ワールドカップ オフィシャルDVD 日本 VS ベルギー
アミューズソフトエンタテインメント
2002-07-31
スポーツ
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by FIFA 2002 ワールドカップ オフィシャルDVD 日本 VS ベルギー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのトラックバック