FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「ダイアナ」

<<   作成日時 : 2013/10/25 23:19   >>

トラックバック 21 / コメント 6

映画「ダイアナ」を鑑賞しました。

この映画は、1997年に交通事故死した元イギリス皇太子妃ダイアナに迫り、20歳で英国王室に嫁いだ若く魅力的な女性が出産や離婚を経験し、しなやかに変貌と自立を遂げる姿を描き出す作品。
一人の女性として精いっぱい生き、36歳の若さで逝ったダイアナ妃の愛と苦悩と戦いの日々を映し出している。

ストーリーは、1995年、ダイアナ(ナオミ・ワッツ)が夫のチャールズ皇太子と別居してからすでに3年の月日が過ぎようとしていた。
ある日、彼女の良き友であり、治療師でもあるウーナ(ジェラルディン・ジェームズ)の夫が倒れたと連絡が入り、ダイアナは急いで病院に駆け付ける。
そこで彼女は、優秀な心臓外科医のハスナット(ナヴィーン・アンドリュース)と出会い恋に落ちる。

1997年に事故死で亡くなったプリンセス・ダイアナ。
あの事故から、もう16年も経ってしまったのか。
当時の自分は大学生でしたが、あの事故死のニュースを聞いた時の衝撃は今でも忘れらていません。

ただ、ストーリー全体を振り返ると、嫌なシーンが多く、観終わった後もいい気分にはなれませんでした。
ダイアナは、ハスナットと恋愛関係がスクープされた時に、彼を守る為に噂を否定するのだが、この行動はハスナット本人の気持ちを考えると、宜しくない行動だったと思う。
せめて、ハスナットに事前に伝えておくとか、黙秘を貫くべきだったのではないでしょうか。
ましてや別の男と一緒にいるところを意図的に写真に撮らせようとするのもどうなのかと・・・。

それよりも、気分を悪くさせられたのがパパラッチの存在。
有名人とはいえ、人のプライベートに土足で踏み込むなど言語道断。
事故死の原因もパパラッチの執拗な狙い回しなわけだし、こういう奴等にこそあの世へ行ってほしいと思わずにいられませんよ。

それにしても離婚したとはいえ、イギリス王室の人間がここまでマスコミやパパラッチに執拗に付け回されるなんて唖然とした。
日本じゃ考えられないですねぇ・・・。

ダイアナ元妃を演じたナオミ・ワッツがダイアナさん本人そのものでした。
メイクの技術もあるとはいえ、あそこまでなりきれるのも凄いと思います。

自分の好きなタイプの作品ではありませんでしたが、有名人であるが故の苦労と苦悩に見舞われたダイアナさんの心の内が伝わってくるような内容でした。
エンディングで彼女の残した功績も字幕で取り上げてくれていたのが、せめてもの救いでした。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(21件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「ダイアナ」王室を離れて生きる道を掴んだ志半ばで散ったダイアナ妃の1人の人間としての孤独
「ダイアナ」は1981年に英国王国の皇太子妃となったダイアナが1995年に離婚後の2年間1997年8月31日に交通事故で死去するまでの描いたストーリーである。世界から ... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2013/10/26 23:24
ダイアナ (試写会)
愛を求めたけれど公式サイト http://diana.gaga.ne.jp10月18日公開 監督: オリヴァー・ヒルシュビーゲル  「ヒトラー 〜最期の12日間〜」 「インベージョンン」1995年、ダ ...続きを見る
風に吹かれて
2013/10/26 23:28
『ダイアナ』 2013年10月26日 TOHOシネマズ錦糸町
『ダイアナ』 を観賞しました。 ...続きを見る
気ままな映画生活(適当なコメントですが、...
2013/10/26 23:46
『ダイアナ』 (2013) / イギリス
監督: オリヴァー・ヒルシュビーゲル 出演: ナオミ・ワッツ 、ナヴィーン・アンドリュース 、ダグラス・ホッジ 、ジェラルディン・ジェイムズ 、チャールズ・エドワーズ 、キャス・アンヴァー 、ジュリエット・スティーヴンソン 試写会場: よみうりホール ...続きを見る
Nice One!! @goo
2013/10/27 00:02
ダイアナ
1995年。 チャールズ皇太子と別居中のダイアナ(ナオミ・ワッツ)は、優秀な心臓外科医ハスナット(ナヴィーン・アンドリュース)と出会い、その気さくな人柄に心惹かれていくが…。 ...続きを見る
心のままに映画の風景
2013/10/27 00:46
映画:ダイアナ Diana 注目は何たって、演じるのが ナオミ・ワッツ!!だったのだが...
注目は何たって、ダイアナ演じるのが、ナオミ・ワッツ! ...続きを見る
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF ...
2013/10/27 00:50
ダイアナ
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】ダイアナさんの離婚間際の時期から亡くなっ ...続きを見る
うろうろ日記
2013/10/27 02:29
劇場鑑賞「ダイアナ」
元英国皇太子妃の“真実”… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2013/10/27 06:01
『ダイアナ』
□作品オフィシャルサイト 「ダイアナ」 □監督 オリバー・ヒルシュビーゲル□脚本 スティーブン・ジェフリーズ□キャスト ナオミ・ワッツ、ナヴィーン・アンドリュース、ダグラス・ホッジ、       ジェラルディン・ジェームズ、チャールズ・エドワーズ、キャス... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2013/10/27 07:34
ダイアナ/ナオミ・ワッツ
1997年の突然の交通事故死で世界中を哀しみで覆いこんでしまった元イギリス皇太子妃ダイアナの姿、その知られざる一面に迫るヒューマン・ドラマです。『ヒトラー 最期の12日間』のオ ... ...続きを見る
カノンな日々
2013/10/27 09:04
『ダイアナ』
プリンセス・ダイアナ。彼女は自由を失ったプリズナーか、誇りを持ったプリンセスか、それともワガママでも愛を求める女性だったのか。 世界一有名な女性として、イギリス皇太子 ... ...続きを見る
こねたみっくす
2013/10/27 14:54
ダイアナ / Diana
1997年8月31日、パリでパパラッチに追い回された末の事故で亡くなった、元イギリス皇太子妃ダイアナの、離婚の少し前から亡くなるまでの約二年間のダイアナを描いた作品。 ...続きを見る
勝手に映画評
2013/10/27 16:07
ダイアナ
「ありがとう」の試写会で観せていただきました。浜村さん30分みっちり喋らはりましたね〜。でもいつも入場時には浜村さんとありがとう娘がお出迎え、帰りにはありがとう娘がお見送りしてくださって、そんなありがとうの試写会が好きです。<ストーリー>1995年、ダイア... ...続きを見る
はるみのひとり言
2013/10/27 17:05
ダイアナ
ジャンクフード。黒髪のウィッグ。世界一有名な女性。 ...続きを見る
悠雅的生活
2013/10/27 21:53
ダイアナ ★★
『インポッシブル』などの演技派女優ナオミ・ワッツが主演を務め、1997年に交通事故死した元イギリス皇太子妃ダイアナに迫る感動作。20歳で英国王室に嫁いだ若く魅力的な女性が出産や離婚を経験し、しなやかに変貌と自立を遂げる姿を描き出す。メガホンを取るのは、『ヒト... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2013/10/28 20:36
ダイアナ
評価:★★★★【4点】(10) ...続きを見る
映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
2013/10/28 21:09
ダイアナ
【DIANA】 2013/10/18公開 イギリス 113分監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル出演:ナオミ・ワッツ、ナヴィーン・アンドリュース、ダグラス・ホッジ、ジェラルディン・ジェームズ、キャス・アンヴァー [Story]1995年、ダイアナが夫のチャールズ皇太子と別居してからすで... ...続きを見る
★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
2013/10/29 12:39
ダイアナ
イギリス・ロイヤル・ファミリーで波瀾万丈の人生を生き、若くして不幸の死を遂げたダイアナ妃の晩年を描いた『ダイアナ』を観てきました。 ★★★ ...続きを見る
そーれりぽーと
2013/10/29 20:53
「ダイアナ」
〜やっと会える。本当のあなたに〜 2013年  イギリス映画   (2013.10.18公開)配給:GAGA     上映時間:113分監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル原作:ケイト・スネル脚本:スティーヴン・ジェフリーズ衣装デザイン:ジュリアン・デイ音楽:デヴィッ... ...続きを見る
NAOのピアノレッスン日記
2013/11/02 16:28
映画「ダイアナ.」ナオミ・ワッツの渾身の演技は見もの
映画「ダイアナ.」★★★ ナオミ・ワッツ、ナヴィーン・アンドリュース、 ダグラス・ホッジ、ジュリエット・スティーヴンソン出演 ...続きを見る
soramove
2013/11/12 06:32
ダイアナ
ダイアナ &#039;13:米 ...続きを見る
C’est joli〜ここちいい毎日を♪...
2013/11/24 20:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
欧州のパパラッチは時にはマフィアよりもタチが悪いらしいですね。
ゴシップが凄く売れる社会に身を置くプリンセスの辛さは並大抵のものではなかったことでしょう。
そりゃ一般人の感覚がなくなるのも仕方ないですな。
にゃむばなな
2013/10/27 14:54
先日ジョージ王子の洗礼式が映画に出てきた宮殿で行われたってニュースを見て、やっぱりこの映画はちょっとなぁ〜って思っちゃいました。

事実であってもそうでなくても、プリンセス・ダイアナは虚像偶像のイメージで良いような気がしてます。
たいむ
2013/10/27 15:21
 >にゃむばななさん
マフィアよりもタチが悪いって相当なものですね。
本当に日本じゃ考えられないです。
ダイアナさんは、そんな奴等に目をつけられていたなんて気の毒です。
FREE TIME
2013/10/28 00:13
 >たいむさん
人によって評価の分かれる映画ですね。
何で、今の時期に、こういう映画を作ろうとしたのかも製作者に聞いてみたいです。
FREE TIME
2013/10/28 00:15
こんにちは♪
ナオミ・ワッツのなりきりは素晴らしかったですね。
似てなくても雰囲気はそっくりでした。
でもなぜ今になって...なんでしょうね。
なんかそっとしてあげたいように思います。
yukarin
URL
2013/10/29 12:44
 >yukarinさん
ナオミ・ワッツの本人の生き写しっぷりは見事でしたね。
確かに何で今という疑問はありました。
事実に基づいているとはいえ、観ていて気分のいい映画ではありませんでした。
FREE TIME
2013/10/30 00:20
映画「ダイアナ」 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる