千葉ロッテマリーンズが仙台切符ゲット

パ・リーグクライマックスシリーズ第1ステージは3戦目。
西武ドームで埼玉西武ライオンズvs千葉ロッテマリーンズの試合が行われました。

1勝1敗のタイで迎えた第3戦。
ライオンズは引き分けでも最終ステージ進出。
マリーンズは勝つ事のみが最終ステージへの条件。
先発はライオンズ・牧田、マリーンズ・唐川の両投手。

試合は1、2戦と違って、両投手の粘りの投球で両チームとも無得点で試合は進むが5回表にマリーンズが先頭の鈴木選手のホームランで1点を先制し、6回にも先頭の井口選手がソロホームランで追加点。
ライオンズの先発・牧田投手は、6回途中で降板。

対するライオンズは6回裏に1点を返すが、8回にマリーンズが角中選手の2点タイムリー三塁打で3点差に広げる殊勲打。
結局、マリーンズが4-1で勝利。
これでマリーンズの2勝1敗となって、仙台行きの切符を獲得しました。

今日の試合はTV観戦。
1、2戦と一方的な試合だったので、決着をつける試合は1点を争う接戦になる事を希望していましたが、自分が望んでいたような試合展開。
牧田、唐川両投手とも走者は出すけど、決定打を与えない粘りの投球でしたが、決着をつけたのはホームラン。
ホームランの威力を感じる試合にもなりました。

終盤に8連勝して2位まで順位を上げたライオンズでしたが、マリーンズ相手に3年前のリベンジを果たす事が出来ず。
昨年も西武ドームでCS第1ステージを戦いながら落としているので、短期決戦への戦い方に問題があるのではないかと思ってしまいます。

抑えとして終盤に活躍した涌井投手ですが、8回途中からの登板で追加点を奪われた上に、一死も取れずに降板。
今オフにFA権を取得できる涌井ですが、ライオンズに残るのか、他球団へ移籍するのか気になります。

これで最終ステージの対戦カードは、東北楽天ゴールデンイーグルスvs千葉ロッテマリーンズ(Kスタ宮城)に決定。
イーグルスに1勝分のアドバンテージがあって、絶対的エース・田中投手が初戦から起用する方針。
先発のコマが足りないマリーンズは最大6連戦を、どうやって戦っていくのか不安な面も大きいです。
イーグルスが初の日本シリーズ進出なるか、マリーンズが3年前の再現を決めるのか。セ・リーグ同様にパ・リーグの最終ステージも楽しみです。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ふなっしー マフラータオル 千葉ロッテマリーンズver. Aタイプ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのトラックバック