FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本、決勝でアメリカに敗れて準優勝

<<   作成日時 : 2013/09/08 22:48   >>

トラックバック 1 / コメント 0

高校野球18UW杯。
日本は決勝戦でアメリカと対戦しましたが、惜しくも敗れて準優勝になりました。

前日の2次ラウンドでもアメリカと対戦したが、その時は完敗。
決勝戦ではアメリカにリベンジをして優勝を決めたい一戦。
先発は松井投手(桐光学園)。

松井投手は、昨夏の甲子園を沸かせたスライダーを武器に序盤からアメリカ打線から三振の山。
打線はアメリカの先発投手の前に抑えられていたが、5回表に小野寺選手(仙台育英)の二遊間を抜けるタイムれりーヒットで待望の先取点。

しかし、前回大会王者のアメリカもその裏に初安打をきっかけにチャンスを作り併殺崩れの間に同点に追いつき、6回には逆転となるタイムリー。
7回にも代わった山岡投手(瀬戸内)からダメ押しとも言える3点目のタイムリー。

日本は8回に1点を返して1点差に詰め寄り、9回にも二死二塁と一打同点のチャンスを迎えるが、あと1本出ずに試合終了。
アメリカが日本に3−2で競り勝って大会連覇達成。
日本は待望の初優勝のチャンスを逃してしまいました。

この試合はテレビ朝日で地上波中継していたので、自分もTV観戦していました。
前日の2次ラウンドでの直接対決ではアメリカの前に完敗しましたが、今日は松井投手が先発なので、いい試合になるだろうとは思っていました。

今秋のドラフトでは1位指名確実と言われる松井投手。
今夏の甲子園出場はならなかったけど、昨夏の甲子園を沸かせたスライダーは健在。
アメリカ打線も序盤は、このスライダーに手こずっていましたね。

でも、中盤から球も高くなって、そこをアメリカ打線に突かれて逆転を許し途中降板。
今年は悔しい思いをする事が多かった松井君ですが、いい経験にはなったと思います。

2番手で登場した山岡投手も速球とスライダーのキレが抜群。
ダルビッシュ投手が絶賛するだけの事はありますね(笑)

まだ国体が残っていますが、これで今年の高校野球のシーズンは終了。
球児の皆さん、台湾まで行っての試合お疲れ様でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
18U、日本代表惜敗・・・。
野球の18U日本は準優勝 米国に逆転負け(共同通信) - エキサイトニュースhttp://www.excite.co.jp/News/baseball/20130908/Kyodo_BR_MN2013090801001985.html【台中共同】野球の18U(18歳以下)ワールドカップ最終日は8日、台中で行われ、初優勝を目指した日本は決勝で米国に2―3で逆転負けし、準優勝に終わった。日本は五回2死一、二塁から熊谷(宮城・仙台...18U W杯 決勝 日本2-3米国 日本代表の攻撃を見ていてもどか... ...続きを見る
<徳島早苗の間>
2013/09/09 10:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
日本、決勝でアメリカに敗れて準優勝 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる