日本 ブラジルW杯出場決定!

来年、ブラジルで開催されるサッカーW杯。
日本が5大会連続の出場が決定しました。

アジア最終予選も残り2試合。
グループ首位の日本は、ホーム・埼玉スタジアムにてオーストラリアとの対戦。
初めて国内の試合でW杯出場切符を掴めるか。

スタメンは以下の通り
GK:川島
DF:今野、長友、吉田、内田
MF:遠藤、長谷部、本田
FW:前田、岡崎、香川

試合は0-0の迎えた後半37分にオーストラリアが左サイドからボールを持ったオアー選手がドリブルで切れ込んでクロス。
これが、そのままゴールネットを揺らしてオーストラリアがラッキーな形で先制。

後のない日本はロスタイム突入間際に、オーストラリアのハンドでPKを獲得。
これを本田選手が決めて同点。
このまま1-1のドローで試合終了。
この瞬間に日本の5大会連続W杯出場が決定しました。

この試合はテレビ朝日とNHK-BS1で中継されましたが、自分はいつも通りNHKでTV観戦。
TLを見る限りではテレ朝は、いつも通りの騒々しい実況・解説だったようですね。

試合内容は決して悪くなかったけど、シュートの精度がイマイチで、枠に飛ばないシュートが目立ちました。
それはオーストラリアにも言える事ですが。

後半に先制点を取られた時は、流石にガッカリしましたね。
川島選手にとっては意表を突かれた感じだったし、シュートだったのかクロスだったのかわかりませんが、相手の巧さを褒めるべきでしょう。
川島には前半の大ピンチを防いでくれたので、彼を責める事なんて出来ません。

相手のあからさまなハンドで獲得したPKをきっちり決める本田選手。
しかもど真ん中。
彼のメンタルの強さは流石ですね。

ブラジルW杯切符を掴んだことがいいけど、正直、変わり映えのしないメンバーにサッカー。
見ていてマンネリ感を感じるし、選手達にもそんな気持ちを持っている人がいるかもしれません。
ザッケローニ監督に、このマンネリを打破する引き出しを持っているかどうか微妙ですね。

次の試合はアウェー・イラク戦。
W杯出場権を決めているので、日本にとっては消化試合。(イラクにとっても?)
出来る事なら、2018年のW杯で中心になるであろう若手選手を何人か試してほしいです。

最後に日本代表、5大会連続のW杯出場決定おめでとうございます!
来年のブラジルW杯では前回以上の成績を残してもらいたいです。

この記事へのトラックバック