Jリーグ20周年アニバーサリーマッチで鹿島に勝利!

Jリーグ第11節。
浦和レッズは、ホーム・埼玉スタジアムにて鹿島アントラーズとの対戦。

この試合はJリーグ20周年を記念する試合とマッチメークされた試合。
最多優勝回数を誇る鹿島と、最多観客動員数を誇る浦和。
場所も日本最大のサッカー専用スタジアム。
雨の中、多くの観客が詰めかけていました。(雨がなかったら5万超えだったかも・・・)
画像

試合前のセレモニーで、レッズOBのポンテ氏とアントラーズOBのアルシンド氏が登場。
久しぶりにロビーを見たけど、現役を引退したせいか太ってましたねorz・・・。
画像

試合は記念試合にふさわしい白熱した試合。
レッズが細かいパス回しで攻撃を仕掛け、アントラーズは速攻で仕掛ける、お互いの持ち味を出してましたが、前半はスコアレスで折り返し。

後半に試合が動きだし、18分にアントラーズが野沢選手のゴールで先制。
しかし、レッズが直ぐに同点に追いつき、33分にはFW・興梠選手のゴールで逆転。
最後はカウンターからトドメとなる追加点を決めて勝負あり。

4位・浦和レッズが3位・鹿島アントラーズに快勝して、お互いの順位が入れ替わり。
首位・大宮の無敗記録がストップした事で、勝ち点差を6に縮めました。
画像

いろいろあった試合でしたが、レッズが宿敵・アントラーズに勝利。
槙野選手26歳の誕生日を白星で飾りました。

昨年まで鹿島に在籍したいた興梠のゴールが決勝点となりましたが、ゴールが決まった直後に鹿島の選手が猛抗議。
自分も梅崎のゴールかなと思ったら、興梠のゴールとコールされて「えっ?」と思いました。
リプレーを見ると、確かにオフサイドっぽかった。
判定はどうであれ、古巣・鹿島からゴールを決めてくれた事は良かったと思います。
3点目も彼が起点となって生まれたゴール。
那須にも言える事だが、本当にレッズに来てくれてありがとう。
画像

試合は白熱した試合だったけど、主審・佐藤隆治のジャッジは酷かったですね。
いちいち転んだくらいで笛を吹かれていては、試合がつまらなくなる。

次節はホーム・埼玉スタジアムにてサガン鳥栖との対戦。
攻撃のあるチームだけど、今季は失点の多いチームでもあります。
今日の後半で見せたような攻撃を、次節でも見せてほしいですね。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by J.LEAGUE NEO!―1993ー2012Jリーグ20年の記憶。 (AERA Mook) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのトラックバック