ともに初勝利はお預け

プロ野球も開幕し、1カード終了しました。
大谷選手ばかりが注目されていますが、他にも有望新人はいます。

昨日の東京ドームでのジャイアンツvsカープ戦で、ジャイアンツのドラフト1位・菅野投手が登板。
1年間の浪人生活を得てのプロ初マウンド。

初回に先頭打者を三振に仕留めると、その後も快調な投球。
4回に先取点を取られたものの、7回を投げて1失点9奪三振の好投。
しかし、試合は1-1のドローで終わり、プロ初登板初勝利とはいきませんでした。

昨日は遠出していたので、リアルで投げる姿は観ていないのですが、7回を投げて1失点と先発投手としての責任は果たしましたね。
6回のピンチにも連続三振に抑えるなど、ハートも強そうです。

原監督の甥という話題性もありますが、実力もありそう。
オープン戦からここまで、1年間のブランクを感じさせません。

今日の神宮球場でのスワローズvsタイガース戦では、タイガースのドラフト1位・藤浪投手が登板。
昨年の甲子園を沸かせた高卒ルーキーが開幕3試合目でのプロ初登板。
あの松坂投手より早いプロ初登板ですが、そんなにタイガースって投手いないのか?

先頭打者を打ち取ったが味方のエラーでアウトに出来ず、一死二、三塁のピンチから畠山選手にタイムリーを打たれて立ち上がりに先取点を奪われてしまう。
その後も制球に苦しむが追加点を与えず粘りを見せるが、6回に痛恨のソロホームランを打たれてしまい万事休す。
試合もスワローズに完封負けを喫し、藤浪投手のプロ初登板は黒星という結果に終わりました。

いきなり味方のエラーから失点を許し、打線の援護にも恵まれずと味方に足を引っ張られた感じですが、彼も菅野投手同様に先発投手としての役割は果たしていました。
ただ制球が不安定だったようですね。
鳴り物入りで入団した大物投手にも、まだまだ改善すべき点が多そうです。

大谷、藤浪、菅野と注目のルーキーはともに上出来のデビュー。
しかし、菅野投手と藤浪投手のプロ初勝利は次回にお預け。
今度の登板では初勝利なるかに注目したいと思います。

それよりホークスのドラフト1位・東浜投手がローテから外れるって本当なのだろうか?
彼が一番完成度の高い投手だと思うのだが・・・。


               こんな趣味の悪いTシャツ誰が買う?  



この記事へのトラックバック