マクドナルドの60秒サービスについて

今年に入ってマクドナルドが注文を受けた品を60秒以内に出せなかったら無料券を配布。
所謂、60秒ルールについていろいろな声が出ていますが、自分なりの考えを述べてみたいと思います。

自分はマクドナルドには、あまり行かない。
Jリーグの試合や東京ドームの試合でクーポン券をもらった時に行く事はありますが(笑)
以前は店頭のカウンターにメニューが置かれていたのに、最近は置かれていない。
それだけでも、何だか変だなとは思っていました。

そして、今回の60秒ルールのキャンペーン。
60秒という制限時間内に注文されたメニューを出すのを目的としたもの。
来客の回転を上げようと試みているのかもしれないが、果たして成果はあるのでしょうか。

Twitterでも、レタスの塊がパンに挟んであったり、レタスが入っていないハンバーガーの画像がアップされているのを目にしてきました。
それらを投稿した人は、自分と繋がりのない人達ばかりだったので、どれもあり得るし、どれも嘘っぽく思えましたが、昨日・今日になってフォローしている人からのツイートを目にして、あの画像も本物だったのかと確信しました。

店内もスタッフが早く出さなければいけないというプレッシャーからか殺気立っていたというし、その割には出されたハンバーガーの形は悪かったという。
速さを求めるあまりに、肝心のサービスが低下していては、何の為のキャンペーンなのかと思えてしまいます。

外食産業は注文を受けてから、お客さんを待たせず早く出す事も大切です。
でも、肝心の食品の中身が伴わない事には、何の意味も成さない。
だから、私は60秒ルールなんてものはやるべきではないと思うので、当分の間はマックには立ち寄る事もないでしょう。


外食業界のしくみ (図解雑学)
ナツメ社
齋藤 訓之
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 外食業界のしくみ (図解雑学) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのトラックバック