浦和レッズ2012年総括

今年も残すところ、あとわずかですが、浦和レッズの2012年を総括したいと思います。

新監督としてサンフレッチェ広島を退任したミハイロ・ペトロビッチ氏が就任。
補強面では、阿部選手と槙野選手とポポ選手が加入。
昨年は何とかJ1に残留しただけに、今シーズンはマイナスのスタートから、どこまで立て直せるのかという考えでシーズンに臨みました。

今シーズンのリーグ戦の成績は15勝9敗10分けで3位。
来年のACL出場権を獲得しました。

開幕戦では優勝したサンフレッチェ広島に完敗しましたが、次のホーム開幕戦では昨年の優勝チーム・柏レイソルに勝利。
それから快進撃を続け、9月まで優勝争いをするまでに。
10月以降に失速してしまいましたが、昨年は早い段階から降格を意識していた事を考えるとウソみたいな結果です。
「監督代わればチームも変わる」って本当ですよねw

今シーズンのベストゲームを1試合挙げるとなると、32節のホーム・広島戦。
開幕戦では完敗した相手に8ヶ月後には完勝。
相手が優勝のプレッシャーがかかっていたせいか動きが硬かったように見られたけど、それでも勝てたのは選手達にミシャのサッカーが浸透してきている事を感じさせるような内容と結果でした。

逆にワーストは28節のホーム・札幌戦。
既に降格が決まっている相手に、まさかの不覚。
この敗戦で自分の中では逆転優勝はなくなりました。

嬉しい話題もあれば寂しい話題もあり。
レッズ一筋で12年間プレーした田中達也選手が今シーズン限りで退団。
サポーターからの人気も高かった選手だけに去っていくのは惜しいけど、そこはプロの世界。
まだ新天地が決まっていないけど、今度は敵としてレッズに立ちはだかってくれたら個人的には嬉しいです。

同じくポポ選手も退団。
わずか1年のプレーでしたが、アウェー・柏戦での決勝ゴールは今でも鮮明に覚えています。
自分の観ていた席の前でバック宙していたのだから(笑)

出ていく選手もいれば、入ってくる選手もいます。
来季へ向けての補強に関しては、サンフレッチェ広島から森脇選手、ベガルタ仙台から関口選手の加入が既に決定。
鹿島アントラーズの某選手獲得の噂も出ていますが、まだ鹿島は天皇杯を戦っている最中なので、去就は年明けに明らかになるでしょう。
あとは外国人FWの獲得ですね。

今季の観戦はリーグ戦18試合観戦。
観戦成績は7勝5敗6分。
アウェーは3試合観戦(広島、国立・柏戦、仙台)

アウェーグルメは以下の通り
広島・・・あなごめし、お好み焼き
国立・・・カレー(量が少ないけど値段が高い・・・)
仙台・・・牛タン定食


最後に、今シーズンも共に戦った同志の皆様、大変お疲れ様でした。
来シーズンはACLとリーグ戦の並行、W杯予選・コンフェデ杯による長期中断もあり、2007年以上の過密日程になりますが、そういう時こそ必死に選手達をサポートしていきましょう。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Urawa Reds Magazine (浦和レッズマガジン) 2013年 01月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのトラックバック