映画「北のカナリアたち」

映画「北のカナリアたち」を鑑賞しました。

この映画は、「告白」の原作者である湊かなえの小説「往復書簡」の一編「二十年後の宿題」を映画化したヒューマン・サスペンス。
20年前に起きた悲劇により引き裂かれた教師と教え子たちがある事件を機に再会し、それぞれが抱える心の傷や真実が明らかになっていくさまを描く作品。

ストーリーは、日本最北の島で小学校教師をしていた川島はる(吉永小百合)は、ある事故をきっかけに島から出て行ってしまう。
それから20年後、東京の図書館で働いていた彼女は、教え子の一人が事件を起こしたことに疑問を抱き、かつての自分が受け持っていた生徒たちに会うため北海道へ向かう。恩師と再会した教え子たちは、それぞれに抱える複雑で苦しい胸中を明かす。

現在、フジテレビで放送中のドラマ「高校入試」でもお馴染みの湊かなえ原作の小説を映画化した作品。
劇場の予告CMでも気になっていたので、鑑賞する事に。

主人公のはるが北海道の離島を離れてから20年が経過。
成長した教え子たちは北海道の各地でそれぞれの生活を送っている。
教え子たちの居場所に向かうのは、はるにとって旅のようなもの。
再会を果たし、別れ、また別の教え子に会いに行く。

はるが何で20年前に島を去ったのかが、教え子たちの回想がパズルのように組み合わさって謎が明らかになっていく。
当時、はるは合唱を教える事で子供達との結びつきを強めていったが、ソロを巡って子供達の間でケンカが起き、はるは夫・行夫(柴田恭兵)と警官(仲村トオル)の三角関係が絡む点も見逃せません。

ストーリーの詳細を書くのは、ここまでにしますが、全体的な感想としては、教え子達によって違った認識をしているが、それを振り返らせる事で話を1本の線に結びつける。
この構成については、湊かなえらしい流れだったと思います。

当時の謎を解決し、現在進行中の教え子が起こした殺人事件も同時に解決させるが、教え子が事件を起こす動機と背景。
そして、事件を起こした直後の教え子にある事を示唆した人物がいた事。
それが分かった時は、流石に驚かされました。

最後ははるの教え子が小学校に再会を果たすのだが、やはり仲間は何年経っても仲間である事を感じさせるシーンでした。
本来、はるがやった事は犯罪になるのだが、それを見逃して感動の再会をアシストしたベテラン刑事(石橋蓮司)の存在も良かったですね。

はるを演じた吉永小百合は相変わらず若々しい。
70歳近いのがウソみたいですねw
一方で夫を演じた柴田恭兵が、かなり老けてしまっている。
闘病中である事の見せる為のメイクなのかもしれないが、ちょっとだけショックを受けてしまった。
あと警官役は仲村トオルよりも舘ひろしの方が良かったのでは(謎)

この作品の良かった点のもう1つが映像と歌声。
酷寒である北海道の冬をまざまざと見せつけて、長い冬を超えて花が咲く春を見せる映像技術は見事でした。
自分も小中学校時代に歌った事のある合唱曲も聴けて、一瞬ながら昔に戻る事が出来ました。

それにしても「告白」といい湊かなえの構成力には惹きこまれるものがあります。
そして、謎が深まるばかりのドラマ「高校入試」の結末も楽しみですw


往復書簡
幻冬舎
湊 かなえ
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 往復書簡 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのトラックバック

  • 『北のカナリアたち』 カラスがカナリアになった!?

    Excerpt:  これはたいへん面白い企画だ。  東映創立60周年を記念して、吉永小百合さんの主演映画を公開する。となれば、吉永小百合さんのイメージや、年配客が中心となるであろう客層を考えても、真面目な感動作が期... Weblog: 映画のブログ racked: 2012-11-26 01:11
  • 劇場鑑賞「北のカナリアたち」

    Excerpt: それでも、人は生きていかなければならない… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201211030006.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2012-11-26 05:54
  • 「北のカナリアたち」20年前の真実を知った先にみた6人の教え子たちとの絆と20年前にやり残した合唱

    Excerpt: 「北のカナリアたち」は20年前にある事件で島を追われるようにして離れた元教師がある教え子の事をキッカケに20年前に果たせなかった合唱を実現するために教え子と再会して行くスト ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2012-11-26 06:04
  • 映画『北のカナリアたち』観てきたよ~(´。`)

    Excerpt: 原案が湊かなえの『往復書簡』に収められてる短編の「二十年後の宿題」。 本を読んだ時、なんだかなぁ~と思っていて、 映画になったら面白くアレンジされてるんじゃないか、 はたまたキャステ.. Weblog: よくばりアンテナ racked: 2012-11-26 07:19
  • 「北のカナリアたち」 罪の意識と憎しみの赦し

    Excerpt: 東映創立60周年記念の大作。 主人公の元教師を吉永小百合さん、その生徒役を若手の Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2012-11-26 07:42
  • 北のカナリアたち

    Excerpt: 東映創立60周年記念作品 北のカナリアたち オリジナル・サウンドトラッククチコミを見る東映創立60周年記念作品のヒューマン・サスペンス「北のカナリアたち」。北海道の大自然の映 ... Weblog: 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 racked: 2012-11-26 09:02
  • 『北のカナリアたち』 2012年11月10日 TOHOシネマズ市川

    Excerpt: 『北のカナリアたち』 を鑑賞しました。 公開2週目の土曜日の昼間なのに客入り少なし・・・ というか、窓口は寂しい感じだったので、全体的に人少なめでしょうね。 今週から公開の「悪の教典」や「シルク・ド.. Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!) racked: 2012-11-26 09:12
  • 『北のカナリアたち』

    Excerpt: いくつになっても生徒を羽ばたかせるのが先生の仕事。 湊かなえ先生の原作「往復書簡」の一遍「二十年後の宿題」を映画化したこの作品。吉永小百合をストーリーテラーに進む前半 ... Weblog: こねたみっくす racked: 2012-11-26 09:20
  • 北のカナリアたち/吉永小百合

    Excerpt: 予告編を目にする回数がとても多くて宣伝にかなり力を入れているなぁとは思っていましたが、これって東映創立60周年記念作品だったんですね。吉永小百合さん主演はもちろんキャス ... Weblog: カノンな日々 racked: 2012-11-26 09:56
  • 北のカナリアたち

    Excerpt: 終盤が良かった。   Weblog: Akira's VOICE racked: 2012-11-26 10:04
  • 北のカナリアたち~何人殺せば気が済むのか

    Excerpt: 大女優政権交代すべし 公式サイト。湊かなえ原作、阪本順治監督、吉永小百合、柴田恭兵、仲村トオル、森山未來、満島ひかり、勝地涼、宮崎あおい、小池栄子、松田龍平、里見浩太 ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2012-11-26 10:22
  • 映画「北のカナリアたち」を観ました!!(2012-14)(後日追記あり)

    Excerpt: 映画「北のカナリアたち」を観ました!! Weblog: 馬球1964 racked: 2012-11-26 11:01
  • 映画『北のカナリアたち』★20年間の心のミステリー~真相と慟哭と~

    Excerpt:   作品について http://cinema.pia.co.jp/title/157627/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 &nb.. Weblog: **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** racked: 2012-11-26 14:49
  • 「北のカナリアたち」:不思議の国のサユリ

    Excerpt: 映画『北のカナリアたち』、不思議がいっぱいの作品でした。とにかく70近くなっても Weblog: 大江戸時夫の東京温度 racked: 2012-11-26 19:12
  • 北のカナリアたち  監督/阪本 順治

    Excerpt: 【出演】  吉永小百合  柴田 恭平  仲村トオル 【ストーリー】 東京郊外で図書館司書をしている川島はるは、かつて北海道の北端にある離島で教師をしていた頃を思い出していた。その当時はるは、ある事.. Weblog: 西京極 紫の館 racked: 2012-11-26 23:27
  • 北のカナリアたち(2012-133)

    Excerpt: 北のカナリアたち 渋谷TOEI 舞台「透明な雨」の後映画館へ。 日本最北の島で小学校教師をしていた川島はる(吉永小百合)は、 ある事故をきっかけに島から出て行ってしまう。 それから2.. Weblog: 単館系 racked: 2012-11-27 03:50
  • 北のカナリアたち

    Excerpt: 終わりよければ全てチャラ?と言うのも、どうかなあ。 Weblog: 迷宮映画館 racked: 2012-11-28 14:52
  • 20年前の事件によって

    Excerpt: 8日のことですが、映画「北のカナリアたち」を鑑賞しました。 日本最北の島で小学校教師をしていた川島はる はある事故をきっかけに島から出て行ってしまう 20年後 教え子の一人が殺人事件の容疑者として追.. Weblog: 笑う社会人の生活 racked: 2012-12-09 01:28