ホークスとドラゴンズがCS第1ステージ先勝

今日からクライマックスシリーズ第1ステージがスタート。
パ・リーグは西武ドームでライオンズvsホークス、セ・リーグはナゴヤドームでドラゴンズvsスワローズの対戦カード。

福岡ソフトバンク2-1西武
昨年は日本一に輝いたホークスですが、今年はBクラスの危機だったけど3位でCS進出。
一昨年はやられた側だった下剋上達成なるか?
先発はライオンズ・牧田、ホークス・攝津の両投手。

試合は、ホークスが2回にスクイズで先制し、3回にも3番・内川選手のタイムリーで追加点。
ホークスの先発・攝津投手もパ・リーグ最多勝投手にふさわしい好投でライオンズ打線相手に8回を投げて4安打無失点の好投で、後はリリーフへ。

しかし、9回に抑えで出てきてファルケンボーグ投手が制球が定まらずに無死満塁のピンチを背負い、一死も取れずにホークスベンチは森福投手へスイッチ。
代わった森福投手は内野ゴロで1点を取られ、更に一打サヨナラのピンチを背負うが、何とか凌いで試合終了。

ホークスがライオンズに2-1で勝利し先勝。
札幌切符を王手をかけました。

BS朝日でTV観戦していましたが、9回裏無死満塁の場面で森福投手が出て来た時は、昨年の日本シリーズが頭をよぎりました。
その絶体絶命の場面を1点のみに抑える好投。
今シーズンは故障などで精彩を欠いていたファルケンボーグを出したホークスベンチの判断には今でも疑問ですが、この先は使えそうにないとわかっただけでもホークスにとって収穫か。

明日の予告先発は、ライオンズ・岸、ホークス・武田の両投手。
高卒ルーキーながら8勝を挙げた武田投手がCSでどのような投球をするのか注目したいです。

中日6-1東京ヤクルト
レギュラーシーズンではスワローズが大きく勝ち越した同カード。
CS常連のドラゴンズ相手にシーズンと同じ戦いが出来るか。
先発はドラゴンズ・中田賢一、スワローズ・石川の両投手。

試合は4回にドラゴンズは5番・和田選手の2ランホームランで先制。
その後もスワローズの出て来る投手陣から着々と追加点を挙げて11安打6点の猛攻。

自慢の投手陣も先発の中田投手が5回を無失点に抑えるなど、5投手のリレーでスワローズ打線を1点に抑え先勝。
6年連続第2ステージ進出へ王手をかけました。

今季から予告先発が導入されたセ・リーグですが、CSでは予告先発は実施せず。
両チームとも自分が予想していたのと違う先発投手でした。
エース・吉見投手抜きで戦うドラゴンズは予想されていた川上投手よりは中田投手で妥当な人選だと思いますが、スワローズは勝ち頭の館山投手でなく、シーズン中は不調に苦しんだ石川投手を初戦の先発に起用したのは理解に苦しみます。
その石川投手を4回で諦めて、5回からは先発要員のロマン投手をマウンドへ送ったのにも疑問でした。

勝ったとはいえドラゴンズでもおかしな投手起用がありました。
6回裏の攻撃で田島投手に代打を送らず、その次の攻撃で1点を取られて、更に傷口を広げる状態で降板。
浅尾投手が後続を抑えたので、事なきを得たが一歩間違えていたら、スワローズに流れが行っていた試合でした。
実際にニッポン放送でも田島続投を「不可解な采配」と言っていましたよw

明日もナゴヤドームで14時試合開始。
スワローズは今度こそ館山投手を先発で起用するでしょう。
ドラゴンズは川上投手か山内投手あたりでしょうか。



この記事へのトラックバック