京大・山中教授がノーベル賞

京大の山中伸弥教授がノーベル生理学・医学賞を受賞。
日本人の生理学・医学賞の受賞は1987年の利根川進博士以来、25年ぶり2人目の受賞になります。

スウェーデンのカロリンスカ研究所は8日、2012年のノーベル生理学・医学賞を、全身の様々な種類の細胞に変化できるiPS細胞(新型万能細胞)を世界で初めて作製した山中伸弥・京都大学教授(50)ら2人に贈ると発表した。
日本のノーベル賞受賞者は、10年の根岸英一博士、鈴木章博士に続き19人目。賞金は800万スウェーデン・クローナ(約9500万円)で、2人で分ける。授賞式は12月10日、ストックホルムで行われる。
授賞理由は「体細胞のリプログラミング(初期化)による多能性獲得の発見」。(読売新聞)

山中教授は、2007年に、人の皮膚の細胞から、体のさまざまな組織や臓器を作り出すことが出来るとされている、iPS細胞(人工多能性幹細胞)を世界で初めて作成。
体細胞に特定の因子を導入して作られる、このiPS細胞は、ほかの細胞のように、受精卵を破壊するという倫理的な問題をクリアしたうえで、免疫拒絶反応の起きない細胞を作成できるという技術で、再生医療の応用や、新たな治療法の開発など、今後の医学・医療に画期的な進歩をもたらすとされています。

自分は、医学的な知識はないのですが、この山中教授の発見と理念は素晴らしいと率直に思います。
日本人がノーベル生理学・医学賞を受賞したという事は、同じ日本人として誇りに思います。

山中教授がノーベル賞受賞を受けた事によって、助かる命が増えるかもしてません。
むしろ、そうなってほしいです。

山中教授、ノーベル賞受賞おめでとうございます。
有名になった事で、周囲の環境も慌ただしくなると思いますが、研究に更なる磨きをかけてほしいです。



この記事へのトラックバック