3連敗からの逆転 巨人が日本シリーズ進出

セ・リーグクライマックスシリーズ第6戦。
読売ジャイアンツvs中日ドラゴンズの一戦は、今日も東京ドームでプレーボール。

ドラゴンズが3連勝で王手をかけてから、ジャイアンツが2連勝。
ジャイアンツに1勝のアドバンテージがあるので、実質3勝3敗。
最終戦に勝ってセ・リーグ代表として日本シリーズ切符を掴むのはどちらか。
私も東京ドームまで足を運びました。
画像

先発はジャイアンツ・ホールトン、ドラゴンズ・伊藤の両投手。
ともに中3日での登板。

試合は2回にジャイアンツが先頭からの3連打で無死満塁として、寺内選手の2点タイムリーで先制し、その後に1点を追加して伊藤投手をKO。
5回には村田選手のホームランで追加点。

ジャイアンツの先発・ホールトンは初回の大ピンチを凌いだ後は5回を投げて無失点の好投。
その後の中継ぎ・抑えがドラゴンズ打線の粘りもあって2点差に迫られたが、最後は西村投手が荒木選手を三塁ゴロに打ち取って試合終了。

ジャイアンツが4-2でドラゴンズに勝って、3連敗の後で3連勝。
これで1勝のアドバンテージを含めて4勝3敗として、ジャイアンツの3年ぶり日本シリーズ進出が決定しました。
画像

画像

たまたま最終戦のチケットが取れていたので、仕事帰りに東京ドーム観戦。
まさか、最終戦までもつれるとはCSが始まる前は思っていませんでした。
ドーム内は立ち見客もいっぱいだったし、両チームの応援も熱かったですよ。

ドラゴンズが3連勝した時は、ドラゴンズが日本シリーズに進出すると思っていましたが、そこからジャイアンツが力を発揮しての3連勝。
ここまでもつれたのは、ジャイアンツがCSに向けての調整が出来ていなかったからだと思います。
1~3戦までの先発投手がゲームを作られなかったし、守備の時間の長さが攻撃にも悪いリズムを与えてしまう。
ここは、日本シリーズに向けて反省すべき点です。

ドラゴンズも敗れたとはいえ、流石に6年連続でファイナルの舞台を戦っているチームでした。
ただ、第1ステージから無理な投手起用をしていて、スタメンもほとんど固定。
敵地で6試合戦う力までは残っていなかったようです。
あの10・8決戦で敗軍の将となった高木監督は、またしても敗軍の将に。
昨日の試合でもベンチの中でコーチと口論したり、試合後にマスコミに悪態ついたりと目に余る行動の数々。
これじゃ、味方も白けてしまうと思います。

これで日本シリーズの対戦カードはジャイアンツvsファイターズに決定。
両チームの対戦は3年ぶり。
ジャイアンツはCSで投手陣に負担をかけてしまったので、個人的にはファイターズが有利な気もします。
今週末から始まる日本シリーズが待ち遠しいです。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 10・8決戦1994中日VS巨人 ベースボールカードセット の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのトラックバック