札幌・ファイターズ王手 東京・ドラゴンズ連勝で一歩リード

クライマックスシリーズファイナルステージ第2戦。
今日も札幌ドームではファイターズvsホークス、東京ドームではジャイアンツvsドラゴンズの試合がプレーボール。

北海道日本ハム3-0福岡ソフトバンク
昨日は7回に逆転して2勝分リードしたファイターズ。
勢いそのままに一気に王手をかけるか。
先発はファイターズ・武田勝、ホークス・新垣の両投手。

試合は初回にファイターズが相手エラーで先制。
その後は両チーム投手の好投で1-0の緊迫した展開。
6回にホークスが先頭の松田選手がフェンス直撃の二塁打を打ち、送りバントで三進。
3番・内川選手のセンターフライで松田選手がホームを狙うが、間一髪タッチアウトで同点ならず。

7回にファイターズは糸井選手の2試合連続となる2ランホームランでダメ押し。
試合は3-0でファイターズがホークスに完勝し、昨日に続いて連勝。
これでアドバンテージ含めて3勝として、日本シリーズ進出に王手をかけました。

武田勝投手の好投をバックの堅い守りで盛り立て、少ないチャンスで得点する。
ファイターズらしい勝ち方でしたね。

明日の予告先発はファイターズ・ウルフ、ホークス・攝津の両投手。
ファイターズは、引き分けでもいいので精神的にも優位に立っている状態。
ホークスは昨年の日本一チームとしての意地を見せてくれるのでしょうか。

中日5-2巨人
昨日はドラゴンズが勝って対戦成績をタイに戻っての第2戦。
先発はジャイアンツ・ホールトン、ドラゴンズ・伊藤の両投手。

初回にジャイアンツが坂本選手のタイムリー二塁打で先制するが、2回にドラゴンズが無死満塁から幸運な内野安打と内野ゴロであっさり逆転。
4回にも1点を追加して、ホールトン投手をKO。
6回にも大島選手のホームラン、9回にもダメ押しの1点と11安打5点の攻撃。

ドラゴンズの先発・伊藤投手は2回以降は完全に立ち直り8回途中まで投げて2失点の好投。
結局、試合はドラゴンズが5-2でジャイアンツに連勝し、対戦成績を2勝1敗として一歩リードしました。

第1ステージで劇的な逆転勝ちで突破した流れを東京ドームでも繋げているドラゴンズ。
昨日、今日とどちらが優勝チームなのかわからないような試合ぶり。
でも、今日の試合でも浅尾・山井の2投手を使ってしまいましたね。

ジャイアンツは完全にドラゴンズに呑まれている印象。
ジャイアンツの投手陣の四球の数が2試合であまりにも多い。
逃げのリード、逃げの投球が攻撃のリズムにも影響を与えてしまっている。
内海、ホールトンと立てて臨んだ2試合を落としたのは、あまりにも痛すぎます。
ただでさえ、杉内投手の登板が微妙なのだから。

大黒柱の阿部選手が攻守に渡って精彩を欠いているのが、ここまでの苦戦の要因ですね。
あとは藤村選手が2番として機能していない。
明日は大幅にスタメンをポジションを入れ替えてくるかと思います。

明日の試合は両チームにとって重要な試合。
ジャイアンツは勿論、ドラゴンズとしても1つ負けただけで並ばれるわけだから。



この記事へのトラックバック