札幌・ファイターズ逆転勝利 東京・ドラゴンズ先勝しタイ

今日からクライマックスシリーズファイナルステージがスタート。
札幌ドームではファイターズvsホークス、東京ドームではジャイアンツvsドラゴンズの初戦。

北海道日本ハム3-2福岡ソフトバンク
敵地での第1ステージを制した、昨年の王者・ホークス。
今度は完全アウェーの札幌に乗り込んでのリーグ覇者・ファイターズとの対戦。
先発はファイターズ・吉川、ホークス・陽耀勲の両左腕。

試合は両投手の投げ合いで両チームともに6回までゼロ行進。
7回表にホークスがノーアウトからの連打でチャンスを掴み、二死二、三塁から多村選手の幸運なヒットでホークスが2点を先制。

6回まで陽耀勲投手の前に1安打に抑えられていたファイターズは、実兄に当たる陽選手のヒットと犠打で一死二塁として3番・糸井選手の2ランホームランが飛び出して、たちまち同点。
同点の勢いに乗って、更に勝ち越しのチャンスに代打・二岡選手が逆転となるタイムリーヒット。

このリードを継投で逃げ切ったファイターズが初戦に勝利。
1勝分のアドバンテージを含めて対戦成績を2勝0敗としました。

先発投手の顔からしてファイターズ有利かと思いましたが、投手に関しては互角の投げ合い。
7回表にホークスが2点先制した時は、これで決まりかと思いましたが、その裏に3点を返す逆転劇。
ファイターズらしい勝ち方だったと思います。
逆に敗れたホークスは、一気に追いつめられてしまいましたね。
ファイターズに勝つには、4勝するまでに1回しか負けられなくなったわけですから。

明日の予告先発はファイターズ・武田勝、ホークス・新垣の両投手。
次は絶対に負けられないホークスにとって、攝津投手を起用するかと思ったけど、以外にも新垣投手。
新垣投手が秋山監督に期待に応えられるかが、勝敗のカギを握る事になると思います。

中日3-1巨人
第1ステージで劇的勝利で勝ち上がったドラゴンズ。
次は、東京ドームに乗り込んでジャイアンツとの対戦。
先発はジャイアンツ・内海、ドラゴンズ・大野の両投手。

試合はドラゴンズが3回に大島選手のタイムリーで先制し、一方のジャイアンツは4回に高橋由伸選手のタイムリーで直ぐに同点に。
予想通り拮抗した試合になったが、6回にドラゴンズが平田選手のタイムリー二塁打で再び勝ち越し。
このリードを自慢のリリーフ陣が守り切って、ドラゴンズが3-1でジャイアンツに競り勝ち、第2ステージの初戦を先勝。
これで対戦成績はジャイアンツのアドバンテージを含めて1勝1敗のタイにしました。

ドラゴンズの先発・大野投手の不安定な立ち上がりを見て、ジャイアンツが一気に畳み掛けるかなと思いましたが、阿部・村田の中軸を抑えた事が大きかったですね。
制球はずっと不安定でしたが、いいボールを投げていたと思います。

第1ステージでは貧打だったドラゴンズですが、下位打線で得点に絡めたのは明日以降に大きな自信になってきそうです。
リリーフ陣も相変わらず盤石。
相手チームに与える影響も大きそうですね。

初戦はいいところなく敗れたジャイアンツ。
最多勝のエース・内海投手を立てて敗れたのは痛い。
杉内投手もCSで投げられそうにないので、明日の試合で投げると思われるホールトン投手の出来が第2ステージの勝敗の行方も左右しそうです。

勝った高木監督のコメント。
「アドバンテージがある事がそもそもおかしい。」
それを言うならCSがある事そのものがおかしいでしょ。
リーグ優勝出来なかったチームが日本シリーズ出場するかもしれないのですから。
1勝しただけで、こんなに浮かれている監督がいる以上は、最終的に勝つのは「やはり・・・」な気がします。



この記事へのトラックバック