大津市の中2生自殺について思うこと

昨年10月に滋賀県大津市で中学2年生がいじめを苦に自殺した事件。
先週からいろいろな話が掘り出されていますが、聞いているだけで気分が悪くなってしまいます。

昨年の夏休みを境にいじめに発展したらしく、生徒のアンケートを集計したところ、体育祭でリンチだ、蜂の死骸を食べさせられそうになったとか。
暴力だけならまだも、万引きを強要しただの、口座から無理矢理、現金を引き出して奪い取った(要するにカツアゲ)とか中学生としてというより、人間として許されない行動。

更に血の気が引いてしまったのが、自殺の練習をさせられていたのを、教師が見ていたにも関わらず笑っていたという事。
学校って何の為にあるのか?
教師って何しに学校で働いているのか?
本当に嘆かわしくなってしまいます。

問題は学校だけでなく、警察のお粗末な対応や市の教育委員会の逃げ腰な態度にも問題あり。
これでは、第2、第3の悲劇が生まれてしまいかねません。

自分はいじめられた経験とかなく、だからといっていじめた経験もない。
自分の小学校時代に東京都の中学校でいじめによる自殺が社会問題になって、学校もそういうのに敏感になっていた時期。
自分も、そういうニュースを見ていたので、「いじめは悪い事」という考えが浸透していたし、同級生にも浸透していたと思う。

それでも、自分の通っていた学校で、いじめはあったと思うが、少なくとも人の金や物を盗んだり、死ぬ事を強要するような発言はなかった。
これは、最早、いじめではなく犯罪です。

ここまで日本中の話題になっているにも関わらず、学校側は相変わらずいじめを認めようとしない姿勢。
「腐った組織」とは、こういう事を言うのですね。
滋賀県内および周辺の府県の高校は、大津市立皇子山中学校の推薦枠を取り消すとか、願書提出お断りとか言った制裁を加えないと目が覚めないのかもしれません。
残った生徒も、近くの中学校に転校するとかしてしまえば、この中学校の職員に給料が出なくなってしまうわけですから。(そんな簡単にはいかないでしょうけど・・・)

フジテレビのニュースで加害者の実名が判明してしまったけど、既にネットなどで晒されているし、別に大騒ぎするような事ではないと思います。
自分もTwitter経由で知りましたが、いじめグループの主犯は珍しい名前なので、早かれ遅かれ晒し者になるのは必至。
第一、金品を盗んだのが事実なら警察も動かないわけにはいかないし、たとえ少年でも犯罪をしたら裁かれなければならない。
裁くのは司法と世間の両方になるのだが、一生、生き地獄を味わえばいいとさえ自分は思います。

この記事へのトラックバック