交流戦首位攻防戦 成瀬完投でマリーンズ勝利

プロ野球セ・パ交流戦も残りわずか。
今日は東京ドームにてジャイアンツvsマリーンズの交流戦首位攻防戦を観戦しました。

現在、交流戦首位のジャイアンツと2位のマリーンズ。
ゲーム差は2。
マリーンズにとっては逆転優勝する為には負けられないカード。

試合前の球場外でのイベントで、ジャイアンツOBの篠塚和典さんが登場。
間近で見ると、そんなに大きくないし細身。
一般人と何ら変わらないのに、現役時代に首位打者を2度獲得出来るのだから、プロの世界というのは奥が深いです。
画像

先発はジャイアンツ・ホールトン、マリーンズ・成瀬の両投手。
試合は初回にマリーンズが二死から連打と四球で満塁とし、ホールトン投手の暴投で先制し、2回には大松選手のホームランで追加点。
マリーンズの先発・成瀬投手はスタメンに右打者を多く並べたジャイアンツ打線を変幻自在の投球で凡打の山を築く好投。

完封のかかった9回裏のジャイアンツの攻撃。
二死一塁から3番・坂本選手の右中間を抜けるタイムリー二塁打で1点を返して、尚も同点のチャンスに前日の試合でサヨナラヒットを討っている4番・村田選手。
村田選手も粘りを見せたが、成瀬投手が踏ん張って試合終了。

交流戦首位攻防戦第1ラウンドはマリーンズが2-1でジャイアンツに競り勝ち2連戦の初戦を先勝。
ゲーム差を1に縮めました。
画像

試合前は投手戦を予想していましたが、その予想通りの投手戦。
ホールトン投手は立ち上がりこそ不安定だったが、3回以降は完全に立ち直ってQSの役割を果たす好投。

そのホールトンを上回る出来だったのが成瀬投手。
前回のマリンでもジャイアンツの連勝を10で止める好投でしたが、今日も見事な投球内容。
前回同様に9回に点を取られて完封を逃がしましたが、それでも完投勝利。
画像

明日の両チームの先発投手を考えるとマリーンズは、今日の試合は絶対に勝たなければいけない試合でした。
ローテをずらしてまで、成瀬投手を当ててきたわけですから。
マリーンズとしては最低限の結果であると同様に最高の結果を残しました。

明日の予告先発はジャイアンツ・杉内、マリーンズ・渡辺俊介の両投手。
顔ぶれをみればジャイアンツ有利ですが、現在のチーム状態はマリーンズの方が上。
明日の試合も要注目です。



この記事へのトラックバック