ダルビッシュ投手がメジャーの洗礼浴びるも初登板初勝利

今シーズンからメジャーリーグのテキサスレンジャースでプレーするダルビッシュ有投手がメジャー初登板。
序盤から5失点を奪われる苦しい投球でしたが、打線の援護にも助けられてメジャー初登板を勝利投手で飾りました。

ダルビッシュ投手の対戦相手はイチロー選手率いるシアトルマリナーズ。
今季からマリナーズに移籍した川崎選手もスタメン出場。
2人の日本人選手との対戦にも注目。

注目の立ち上がりですが制球が定まらず、連打に押し出しなども絡んで、いきなり4点を奪われる苦しい立ち上がり。
2回にもイチロー選手の二塁打をきっかけに1点を追加されてします。

しかし、レンジャース打線が早い内に同点に追いつき、そして逆転。
ダルビッシュ投手も3回以降は立ち直り無失点。
6回二死一塁からイチロー選手に、この試合で3本目となるヒットを打たれたところで降板。
5回2/3を投げて8安打5失点。

試合もレンジャースが勝って、ダルビッシュ投手が勝利投手。
投球内容は芳しくなかったけど、結果としては最高でした。

NHKで地上波中継がありましたが、仕事だったのでネットでチェックする程度。
家で留守録しておいたので、夜にでも観ようと思います。

いきなり4点を奪われた時は、やはりメジャーは甘くないと思ったし、ストライクを入れるのに四苦八苦していたようなので、メジャーのボールに適応出来ていないのかとも思いましたが、3回以降は立ち直って味方の援護をもらっての勝利投手。
試合中に修正出来るあたりは流石ですね。

注目のイチロー選手との対戦は4打数3安打でイチロー選手に軍配。
川崎選手との対戦でもヒットを打たれるなど、日本人対決という点ではダルビッシュ投手の完敗でしたね。
イチロー選手はメジャーでもトップクラスの選手。
先輩の貫禄を見せ付けました。

日本球界では名実ともにナンバー1投手といえるダルビッシュ投手でしたがメジャーでは未知数。
かつて屋外球場が苦手などといわれていましたが、メジャーではほとんどが屋外球場。
次回以降の登板での快投に期待したいです。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ダルビッシュ有 “軌跡” ~Keep the faith~ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのトラックバック