大阪桐蔭と光星学院が決勝進出

センバツ高校野球も、いよいよ準決勝。
大阪桐蔭と光星学院が勝ち進んで、ともに春は初めてとなる決勝進出を決めました。

準々決勝第1試合は、大阪桐蔭(大阪)vs健大高崎(群馬)。
試合は2回に大阪桐蔭が今大会初めて先取点。
大会屈指の好投手・大阪桐蔭の藤浪投手は7回まで強打の健大高崎を無得点に抑える好投を見せるが、8回に健大高崎がホームランで同点。

しかし大阪桐蔭が、その裏に2本のホームランで再び勝ち越し。
9回の健大高崎の攻撃も無得点に抑えて、大阪桐蔭が逃げ切り、春は初めてとなる決勝進出。

第2試合は、光星学院(青森)vs関東一(東京)。
試合は序盤から関東一が再三のように得点圏に走者を進めるが点が取れず残塁の山。
逆に光星学院が4回に田村選手のホームランなどで2点を先取。

その後も関東一の投手陣から中押し、ダメ押し点を奪い6点。
光星学院の城間投手は9回に1点を奪われたが、粘りの投球で11安打を打たれながらも完投勝利。
光星学院が昨夏に続いての決勝進出を決めました。

これで決勝戦は大阪桐蔭vs光星学院に決定。
ともに初優勝をかけて戦います。

試合の焦点となると、大阪桐蔭・藤浪投手vs光星学院打線となるでしょう。
準々決勝では愛工大名電・濱田投手、準決勝では関東一・中村投手と大会屈指の好投手を攻略した光星学院の強力打線ですが、藤浪君をも攻略するのか。
藤浪君とて光星学院の打線を抑えるのは容易ではないでしょう。

本来は12時30分試合開始予定でしたが、天候回復を見込んで16時試合開始に変更。
決勝戦はナイターになりそうですね。
むしろ、1日休養日にして、水曜日に決勝戦をやればいいと思うのだが。

夏は優勝経験のある大阪桐蔭が春初優勝なるか、あるいは光星学院が優勝旗を初めて東北地方に持ち帰るのか。
決勝戦は面白い試合になってくれるでしょう。


高校野球小僧 2012春号
白夜書房
2012-03-05
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 高校野球小僧 2012春号 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのトラックバック

  • 第84回センバツ高校野球大会11日目(4/2)

    Excerpt: 大会11日目です。準決勝です。 Weblog: 馬球1964 racked: 2012-04-03 05:35
  • 選抜11日目~1発の威力~

    Excerpt: いよいよ準決勝。 大阪桐蔭3-1健大高崎 桐蔭が1点を先制するも、その後は安打を放ちながら得点できず。そこに8回、竹内のホームランで健大が同点としたが、その裏に桐蔭中 ... Weblog: 虎哲徒然日記 racked: 2012-04-03 09:14