球団初勝利、プロ入り初登板初勝利、移籍後初勝利

プロ野球も開幕して3日目。
今日も各地で6試合が行われました。

今回は以下3試合をピックアップします。
横浜DeNA6-2阪神
ここまでタイガースの1勝1分けで迎えた3連戦の3戦目。
先発はタイガース・岩田、ベイスターズ・三浦の両投手。

試合は、ベイスターズが4回に相手エラーで先制。
7回には金城選手のDeNAベイスターズ初ホームランとなるソロホームランで追加。
その後も打線が爆発し、打者一巡の猛攻で一挙5点。

先発・三浦投手は7回2失点の好投。
結局、試合はベイスターズが6-2でタイガースに勝利して、新球団になってから初勝利。
中畑監督にとっても監督初勝利となりました。

昨年まで4年連続最下位のベイスターズ。
オープン戦3位の好成績で迎えたシーズンですが、開幕戦は引き分けで、昨日は負け。
そして、今日の試合でタイガースに勝利。
新たな歴史の始まりとなりました。

中畑監督になってから機動力野球を掲げていますが、昨年までのベイスターズだったら、ほとんど走者が動かなかったので、そういう野球が浸透しつつあるだけでも、チームは進歩しています。
本来なら4番を打つ予定のラミレス選手がオープン戦での怪我の影響で、ここまで代打での出場に限定されていますが、ここまで2試合でタイムリーを打つのだから、やはり勝負強いです。
もし復帰したら外野陣はどういう布陣になるのかも興味深いですね。

千葉ロッテ4-2東北楽天
ここまでマリーンズの2連勝で迎えた仙台での開幕戦。
先発はイーグルス・下柳、マリーンズ・藤岡の両左腕。
藤岡投手はプロ入り初先発。

試合は初回にマリーンズがホワイトセル選手のタイムリーで先制。
3回にも井口、サブロー両選手のタイムリー、6回にも追加点。

マリーンズのドラフト1位左腕・藤岡投手は8回途中を4安打2失点に抑える好投。
最後は藪田投手が締めて、マリーンズが4-2でイーグルスに勝利して55年ぶりとなる開幕3連勝。
そして、藤岡投手はプロ入り初登板初先発を初勝利で飾りました。

鳴り物入りで入団した藤岡投手。
オープン戦から大物の片鱗を見せていますが、晴れの舞台でプロ入り初勝利。
VTRを観ていないので、詳細は語れないのですが、投球内容の数字を見る限りでは充分すぎると言っていいでしょう。
藤岡投手を日曜日限定で登板させるようなので、次の登板はおそらくマリン初登板。
都合が合えば、幕張まで観に行こうかな。

巨人3-2東京ヤクルト
ここまでスワローズの2連勝。
勢いに乗って開幕3タテなるか、それともジャイアンツが一矢報いるか。
先発はジャイアンツ・杉内、スワローズ・赤川の両左腕。
杉内投手は移籍後初登板。

試合は2回に両チーム1点ずつ取り合って、4回にジャイアンツが小笠原選手の今季初安打がタイムリーヒット、5回にも4番・阿部選手のタイムリーで追加。
杉内投手は制球に苦しみながらも要所を締める投球で7回途中まで2失点の力投。

その後を山口-西村のリレーで1点差を守り切って、ジャイアンツが今季初勝利。
そして、杉内投手は移籍初勝利となりました。

初戦は2安打完封負け、昨日は3点リードを守れずに逆転負けで連敗したジャイアンツ。
その悪いムードを杉内投手の力投で、どうにか開幕3連敗を免れました。
7四死球と調子は悪かったのは数字を見ても明らかですが、それでも2失点に抑えるのだから、伊達に通算100勝をしていませんね。

プロ野球の開幕カードが終了して、これから長い戦いが始まります。
やはり野球はいいです。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 横浜DeNAベイスターズ2012オフィシャルイヤーマガジン (アサヒオリジナル) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのトラックバック