大阪国際女子マラソン 重友選手が初優勝

ロンドン五輪の代表選考会を兼ねた大阪国際女子マラソンは、重友梨佐選手が2時間23分23秒で初優勝。
ロンドン五輪代表の有力候補に名乗りを挙げました。

天候、気温、湿度、無風と絶好のレース日和となった今年の大阪国際女子マラソン。
レース当初からペースメーカーが引っ張る速い展開に、有力選手が次々と脱落し、中間点付近から重友選手と福士選手の2人の一騎打ち。
30キロ手前で福士選手がペースを落とし、重友選手が独走態勢。
重友選手は終始安定したレースで、2度目のフルマラソンながら初優勝。
勝負と記録の両方で結果を残しました。

このレースをTVで観ていましたが、さほど注目されていなかった感じの重友選手が福士選手らの有力選手を抑えての初優勝。
広いストライドからの安定した走りっぷりが見事でした。
ロンドンマラソンでは高速レースが予想されるので、記録面でも陸連にいい印象を与えたでしょう。

シドニーから3大会連続でマラソン五輪代表を輩出している天満屋ですが、これで重友選手が選ばれるとなると、4大会連続が有力。
天満屋の監督もホッとしている事でしょう。

マラソンでの五輪代表を目指した福士選手は、結局9位。
初マラソンで惨敗した4年前と同じ大阪でのレースでしたが、またしても結果を残せず。
トラックでの実績は申し分ないけど、マラソンには不向きなのかもしれませんね。
今後は、トラックでの五輪代表に切り替えるようです。

これで女子マラソンの代表選考会は3月11日の名古屋ウィメンズを残すのみ。
横浜、大阪で日本人選手が優勝しているので、名古屋でも優勝が求められます。
しかし、3月11日にレースをやるのか・・・。

この記事へのトラックバック