箱根駅伝 東洋大が2年ぶり総合優勝

新春恒例の第88回箱根駅伝。
東洋大が10時間51分36秒の大会記録で2年ぶり3回目の総合優勝を決めました。


1区は連覇を目指す早大が昨年に続いて大迫選手が2年連続区間トップの快走でトップに立ったが、2区で東洋大が早大を交わして首位。
3、4区と首位をキープして、5区の柏原選手が4年連続となる区間1位に加え、自らが持つ区間記録と往路記録を更新して4年連続の往路優勝。
この時点で2位・早大とのタイム差は5分7秒。

画像

復路でも東洋大が安定したレース運びで9区以外は全て区間1位の強さ。
往路を含めると、10区中6区で区間1位。
往路記録に続いて復路記録をも更新し、大会新記録と圧巻の強さ。
総合2位・駒大とのタイム差は9分2秒。
記録づくめとなった東洋大の優勝でした。


連覇を狙う早大、全日本を制した駒大、出雲を制した東洋大の3強による戦いと大会前から言われていた箱根駅伝すが、終わってみたら東洋大の圧勝。
まさか、ここまで差が出るレースになるとは予想外でした。


5区・柏原選手の前で首位に立てたのが最大の勝因ですね。
過去2度の優勝は5区で柏原選手が逆転首位に立って逃げ切るのが勝ちパターンだったけど、今大会は2区で首位に立って、5区で2位以下に5分以上の差をつけ復路に繋いでの勝利。
東洋大は柏原君だけでない事を証明するレース運びでした。


連覇を狙った早大は総合4位。
1区で首位に立つ狙うが的中しながら勝てなかったのだから、それだけ東洋大の強さが光っていたと言う事。
軸になるべき4年生の2人が欠場したのも痛かったですね。


復路での逆転を狙った駒大も往路での遅れを取り戻せず。
それでも総合2位は立派な成績です。


今年の箱根駅伝も様々なドラマがありました。
5区では東農大が、津野選手が脱水症状による大ブレーキがありましたが、最後まで諦めずにゴール。
執念でゴールまで辿り着いた根性は凄いけど、レースに出られる体調でなかったのに指導者側のミスでエントリー変更出来なかったのは宜しくありません。
大会のルールも改正すべきですね。


今年の東洋大の優勝によって、箱根駅伝の高速化を印象づけました。
トラックでスピードを上げていくだけでなく、ロードでの練習を積み上げていく大学も増えてくるでしょう。


箱根駅伝が終わると毎年のように思いますが、これで正月も終わりですね(笑)
自分は明日まで休みで明後日から仕事です(^^;)



amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 箱根駅伝ガイド決定版 2012 (YOMIURI SPECIAL 63) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル