2011年度日本インターネット映画大賞日本部門

「2011年度日本インターネット映画大賞日本部門」に投票しました。

アドレスは以下の通り
http://www.movieawards.jp/blog/article.php?id=12

[作品賞投票ルール(抄)]
 ・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで

-----------------------------------------------------------------

『 日本映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「ステキな金縛り」   5点
  「八日目の蝉」   5点
  「阪急電車 片道15分の奇跡」  5点
  「神様のカルテ」  5点
  「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」 3点
  「コクリコ坂から」  3点
  「岳 -ガク-」 2点
  「一命」  2点
  
【コメント】
  映画を語る脳はないのですが、個人的な視点から上記点数をつけました。
-----------------------------------------------------------------

【監督賞】    作品名
 [三谷 幸喜] (「ステキな金縛り」)
【コメント】
 法廷という堅い場所にお笑いを盛り込んだ演出は流石です♪ 
【主演男優賞】
 [竹野内 豊] (「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」)
【コメント】
 死よりも生を選択した大場大尉の生き様を見事に熱演
【主演女優賞】
 [永作 博美] (「八日目の蝉」)
【コメント】
 誘拐犯であり、薫の母親である二面性を見せた体当たりの演技は圧巻
【助演男優賞】
 [中井 貴一] (「プリンセス・トヨトミ」「ステキな金縛り」)
【コメント】
 大阪国総理大臣に、犬好きな寡黙な検事。同一人物とは思えない雰囲気を感じます。
【助演女優賞】
 [宮本 信子] (「阪急電車 片道15分の奇跡」)
【コメント】
 電車の中で五月蝿いオバサン達を一喝するシーンはスカッとさせられました\(^0^)/
【ニューフェイスブレイク賞】
 [前田 敦子] (「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」)
【コメント】
 「ニューフェイス」で他に思い浮かぶ人がいませんでした(笑) 
【音楽賞】
 「コクリコ坂から」
【コメント】
 時代背景が伝わる音楽でしたね
【ブーイングムービー賞】
 「特になし」
【コメント】
 邦画に関しては、自分が鑑賞した中では特にありませんでした。
-----------------------------------------------------------------

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
(同意しない方は「同意する」を「同意しない」に書き改めて下さい)
-----------------------------------------------------------------


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日経 エンタテインメント ! 2012年 01月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのトラックバック