落ちぶれた金メダリスト

柔道の選手としてアテネ五輪と北京五輪で金メダルを獲得した内柴正人容疑者が準強姦容疑で逮捕。
先日、セクハラで大学を懲戒解雇されたばかり。
何とも嘆かわしい話です・・・。

教え子の女子柔道部員に酒を飲ませて暴行したとして、警視庁は6日、アテネ、北京五輪の柔道男子66キロ級金メダリストで、九州看護福祉大で客員教授と女子柔道部コーチを務めていた内柴正人容疑者(33)を準強姦(ごうかん)の疑いで逮捕した。日本オリンピック委員会(JOC)は「金メダリストが逮捕されたという例は聞いたことがない」と話している。
発表によると、内柴容疑者は9月下旬の深夜から未明の間、合宿先の東京都内のホテルで、酒に酔って寝込んでいた未成年の女子柔道部員に暴行した疑い。
内柴容疑者は事件直前まで、ホテル近くの飲食店で、この部員を含む複数で酒を飲んでいたという。
女子部員が事件後、同庁に被害を届け出た。同庁は熊本県玉名市の内柴容疑者の自宅を捜索し、裏付けを進める。
内柴容疑者は調べに対し、「合意だった」と容疑を否認しているという。(読売新聞)

セクハラ問題で大学を懲戒解雇されてから間もなくの逮捕劇。
しかも未成年に酒を飲ませるって・・・。
本人が「合意だった」と言っていますが、問題はそういう事じゃないでしょう(ーー;)

他にも指導していた大学の女子部員の部屋に勝手に入っていたりとか、複数の被害者がいるとか、逮捕された直後に次から次へと叩けば埃が出て来ます。
もし、これらが事実なら、一種の「性癖」であり、直そうと思って直せるものではありませんよ。

アテネ五輪と北京五輪で内柴容疑者の試合をTVで観た事があるが、金メダルが決まった時にスタンドで観戦する奥さんと小さい子供が映っていた。
当時は日本の英雄だった人物も、今では日本の恥になりそう。
そうなると、何の罪もない妻子が気の毒です。

柔道連盟も柔道の有段者も資格ともいえる黒帯を剥奪するとか、柔道界から永久追放するといった声があったり、出身地でも五輪連覇の際に授けた名誉市民の栄誉を取り消すといった声も出ています。

内柴選手に憧れて柔道を始めた子供もいるだろうし、九州看護福祉大の女子柔道部員も五輪金メダリストから指導を受けられる事で最初は嬉しかった筈。
それらの人達の気持ちを踏みにじるかのような、今回の騒動。
当分、檻の中で頭を冷やしてほしいね。


北京オリンピック 男子アスリート集 [DVD]
ビクターエンタテインメント
2008-12-19
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 北京オリンピック 男子アスリート集 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル