2011年映画鑑賞記録

2011年も多くの映画作品か鑑賞しました。
年内の映画鑑賞予定はないので、今回は自分が2011年に鑑賞した映画を振り返ります。

今年鑑賞した映画は以下の通り
・相棒-劇場版Ⅱ-
・アンストッパブル
・ソーシャル・ネットワーク
・僕と妻の1778の物語
・白夜行
・GANTZ
・ジーン・ワルツ
・太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-
・ヒア アフター
・ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島
・英国王のスピーチ
・SP 革命篇
・ガリバー旅行記
・GANTZ:PERFECT ANSWER
・八日目の蝉
・岳 -ガク-
・阪急電車 片道15分の奇跡
・ブラック・スワン
・パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉
・プリンセス トヨトミ
・もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
・127時間
・SUPER 8/スーパーエイト
・アンダルシア 女神の報復
・ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2
・コクリコ坂から
・トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン
・シャンハイ
・神様のカルテ
・うさぎドロップ
・日輪の遺産
・アンフェア the answer
・はやぶさ/HAYABUSA
・一命
・ステキな金縛り
・三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船
・マネーボール
・1911
・源氏物語 千年の謎
・ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル

昨年同様に全部で40作品。
決して数えたり計っているわけではありません(笑)
東日本大震災直後は首都圏の映画館のほとんどが休館だったので、40作も鑑賞していたのは自分でも意外でした。

今年は、どちらかというと邦画よりは洋画の方に強く印象に残る作品が多かったです。
その中から挙げるとなると「ブラック・スワン」「英国王のスピーチ」「アンストッパブル」「マネーボール」「127時間」そしてハリーポッターシリーズの最終作になります。
邦画で印象的な作品となると「八日目の蝉」「ステキな金縛り」「神様のカルテ」「阪急電車 片道15分の奇跡」あたりでしょうか。

一方で3月下旬に上映予定だった「唐山大地震」が東日本大震災の影響で上映自粛に。
冒頭で大津波のシーンがある「ヒア アフター」も上映打ち切り。
震災の爪痕は映画にももたらしてしまいました。
自分も震災直後は被災地の現状を見て、外出そのものを控えたくなるような時期がありましたが、逆にこういう状況だからこそ娯楽で金を使うべきなのかなと今では考えています。

昨年から導入されている3D上映ですが、今年は一度も3Dでは鑑賞しませんでした。
別に2Dでも充分だと思うので。

今年の映画鑑賞は「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」で見納めですが、2012年の元日は日曜日でファーストデーになるので、映画鑑賞する事を計画中です。
「山本五十六」の評判がいいようだけど、正月早々から戦争映画は観たくないな(汗)
どの映画作品を鑑賞するかは上映時間などを見て決めようと思います。

2012年も1月から観たいと思うような作品が多数あります。
来年も良き作品に巡り会いたいです。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日経 エンタテインメント ! 2011年 12月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル