中日ドラゴンズが2年連続日本シリーズ進出

中日ドラゴンズの2年連続日本シリーズ進出が決定しました。

プロ野球クライマックスシリーズ、セ・リーグ第2ステージ5戦目。
中日ドラゴンズvs東京ヤクルトスワローズ戦。

4戦で勝って王手をかけたドラゴンズ。
引き分けでも日本シリーズが決まる試合。
それともスワローズが逆王手をかけて最終戦までもつれるか。

先発はドラゴンズ・吉見、スワローズ・館山の両投手。
吉見投手は中3日、館山投手は中2日での登板。

試合は両先発投手の投手戦。
お互いにチャンスらしいチャンスもないまま、試合は後半へ。
6回表にスワローズは先頭打者が出塁して、2つの送りバントで三塁まで走者を進めるが、代打・福地選手が凡退し先制ならず。
逆にドラゴンズは、その裏に荒木選手が四球で出塁し、続く井端選手がレフトスタンドへ飛び込む2ランホームランで先制。

ドラゴンズの先発・吉見投手は8回を無失点に抑える好投で、9回は抑えの岩瀬投手を投入。
しかし、岩瀬投手が2アウトまでこぎつけながらも、1点を奪われて点差は1点に。
ここでドラゴンズベンチは岩瀬投手から浅尾投手に交代。
代わった浅尾投手が最後を締めてドラゴンズが2-1で勝利。
これで中日ドラゴンズの2年連続日本シリーズ進出が決定しました。

吉見投手と館山投手がお互いの持ち味を出した投手戦。
お互いに短い間隔での登板でしたが、どちらが先に点を取るのか緊迫した試合でしたね。

館山投手は6回に抜け球が多くなり、そして痛恨の被弾。
やはり血行障害の影響ですかね。

ドラゴンズベンチは、9回にあと1人としながら1点差とされたところで岩瀬投手から浅尾投手に交代する非情の采配。
自分は、落合監督がベンチを出たところで、浅尾投手に交代すると思ったので、別に驚きはしませんでした。
現に今シーズンにおいて、今回と同じような投手交代を何度か行っていたし。
来年から指揮をする高木新監督は、どちらを最後に使うのか判断に迷うでしょう。

それとTBSの試合中継には呆れた。
試合中にやたら番宣はするし、CMは多く、中途半端なところで中継を打ち切る始末。
ベイスターズから手を引いた事だし、いっその事、プロ野球中継からも手を引いた方が身の為でしょう。

これで日本シリーズのカードは福岡ソフトバンクホークスと中日ドラゴンズに決定。
パ・リーグを圧倒的な強さで制したホークスと、最大10ゲーム差からの逆転で球団史上初の連覇を達成したドラゴンズ。
個人的な展望としてはホークス有利と見ています。
投手力という点ではドラゴンズもホークスに負けてはいないけど、打力と機動力は雲泥の差。
福岡から開幕する事も優位な条件の1つでしょう。

日本シリーズは今月12日から開幕。
2年ぶりとなるリーグ優勝チーム同士の対決。
関東で日本シリーズがないのは寂しいけど、日本シリーズらしい緊迫した試合を期待したいです。
ところで、今年はTV中継はBS以外であるの?


中日ドラゴンズ 2011完全制覇へ [DVD]
日本コロムビア
2011-03-23
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 中日ドラゴンズ 2011完全制覇へ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル