ドラゴンズ敵地で逆王手 決着は最終戦へ

2011年日本シリーズ第2戦。
福岡ソフトバンクホークスvs中日ドラゴンズの試合は、舞台を再び福岡ヤフードームに移しての試合。

本拠地・福岡で連敗スタートしたが、敵地で3連勝し王手をかけたホークス。
一方で後のなくなったドラゴンズ。
ホークスが一気に決めるか、それともドラゴンズが逆王手をかけるか。
先発はホークス・和田、ドラゴンズ・吉見の両投手。

初回にドラゴンズは先頭の荒木選手がヒットで出塁して突破口を拓き、二死一、二塁と先制のチャンス。
ここで5番・和田選手が右中間を抜ける2点タイムリー三塁打でドラゴンズがいきなり2点先制。

対するホークスは4回に先頭の本多選手が三塁打で出塁し、続く3番・内川選手のタイムリーで1点差。
尚も、同点のチャンスを作るが、後続が吉見投手に抑えられ1点止まり。
試合は2-1でドラゴンズリードのまま終盤へ。

8回にホークスは先頭の多村選手がヒットで出塁するが、バント失敗で併殺に倒れ反撃ムードが消沈。
ドラゴンズは8回途中から岩瀬投手を投入し、9回も二死を取ったところで浅尾投手にスイッチ。
浅尾投手も内川選手を凡打に抑えて試合終了。

中日ドラゴンズが福岡ソフトバンクホークスに2-1で勝利し逆王手。
決着は最終戦でつけられる事になりました。

ナゴヤドームでの3試合はホークスが1回表に先制点を取って主導権を握りましたが、舞台を福岡に戻した第6戦ではドラゴンズが2点を先制。
今シリーズでドラゴンズが1イニング2点以上取れたのは、この試合が初めて。

先発投手の出来も勝敗を左右しました。
ドラゴンズの先発・吉見投手は立ち上がりを三者連続三振に抑える最高の立ち上がりで、2回以降も失点を許した4回以外は危なげない投球。
終始ストライク先行の投球でテンポも良かった。

逆に和田投手は立ち上がりから制球がイマイチ。
相手の和田選手に打たれたボールもスライダーが甘いところに入ってしまい痛打。
2回以降もボール先行の苦しい投球で、よく2点で済んだなといった感じです。
5回で降板したのもやむなしでしょう。

そして、最も勝敗を決めたシーンといえば、8回裏のバント失敗の併殺でしょう。
今シリーズ当たっている長谷川選手だけに単純にバントするのではなく、強攻で行っても良かったのでは?
いずれにしても、あの場面で自分はドラゴンズの勝利を確信しました。

これで全ては最終戦で決着がつけられる事になりました。
第7戦の先発予想はホークス・杉内、ドラゴンズ・山井の両投手のようです。
もっとも、落合監督の事なので、ドラゴンズの先発は山井投手以外っていう事も考えられますが・・・。

尚、最終戦を地上波中継するのはTBS。
おそらく試合終了して直ぐに「南極大陸」に切り替えるでしょう。
しかし、NHK-BSでも中継がありますから両チームのファンはご心配なくww

2011年のシーズンを制するのはホークスか、ドラゴンズか。
最終戦は総力戦となりそうなので、かなりの熱戦になるでしょう!


スポーツ・マスコット図鑑
PHP研究所
綱島 理友
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スポーツ・マスコット図鑑 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル