ホークス敵地で3連勝し日本一へ王手

2011年日本シリーズ第5戦。
中日ドラゴンズvs福岡ソフトバンクホークスの試合はナゴヤドームで対戦。

1、2戦とドラゴンズが敵地・福岡で連勝スタートしたが、今度はホークスが3、4戦を敵地・名古屋で連勝し2勝2敗のタイに。
先に王手をかけるのはどちらか。
先発はドラゴンズ・チェン、ホークス・山田の両左腕。

2試合連続で初回に得点を挙げているホークスは、この試合でも4番・小久保選手の先制タイムリーで、ホークスが
3試合連続で先制点。
2回以降は両投手の投げ合い。
チェン投手は苦しい投球が続くが追加点を与えず、シリーズ初先発のホークス・山田投手もドラゴンズ打線を相手に危なげない投球。
試合は1-0でホークスリードのまま終盤へ。

7回にホークスは一死一、二塁から細川選手のセンター前のタイムリーで貴重な追加点。
8回にもダメ押しとなる3点を奪い勝負あり。
最後は今シリーズ不調の馬原投手が無得点に抑えて試合終了。

福岡ソフトバンクホークスが5-0で中日ドラゴンズを下し、これで名古屋での3連戦3連勝。
対戦成績も3勝2敗として8年ぶりの日本一へ王手をかけました。

今シリーズは、ここ5試合で全てビジターチームが勝っている変わった現象。
以前と違って交流戦が導入されているとはいえ、ビジターゲームはお互いに2試合ずつ。
DH制の使えないホークスの方が打線が繋がっているのは、何だか妙な話です。

ドラゴンズとしては3試合連続で初回に失点をしているのが3連敗の最大の要因とも言えるでしょう。
ただでさえ打てない打線が、攻撃に入る前に追いかける展開に回されてしまうのだから、選手達にすれば1点2点がもっと重くのしかかっているような気さえします。

ホークスは大方のスポーツ紙の予想どおり山田投手を起用。
その山田投手が6回まで投げ切ってドラゴンズ打線を無得点に抑える好投。
充分の先発の役割を果たしました。

何はともあれ、再び舞台を福岡に移されますが、ホークスがかなり優位に立ったと見ていいでしょう。
この後の先発は6戦・和田、7戦・杉内でいくでしょう。
この試合でもセットアッパーとしてマウンドに上がった攝津投手を中継ぎに回せるのも大きい。
攝津は昨年までは勝ちパターンのセットアッパーでしたから。

一方で後のないドラゴンズ。
あそこまで打てないと、残り2試合を2連勝するのは厳しい。
でも、可能性はあるのでセ・リーグ覇者の意地は見せてほしいです。
DH制をどこまで有効活用できるかにもよりますが、左投手に強い小池選手が負傷交代したのが気がかり。

第6戦は福岡ヤフードームでナイター。
福岡の夜は盛り上がりそうだ。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 卓上福岡ソフトバンクホークス [2012年 カレンダー] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル