アウェーでもタジキスタン相手に快勝

2014年ブラジルW杯アジア3次予選。
日本はタジキスタンとアウェーで対戦。

ホームでは8-0とタジキスタンに大勝した日本。
しかし、今回はアウェーで条件面でも日本と違って極寒の地でピッチもデコボコ。
勝てば最終予選進出が決まる可能性があるが、アウェーで、どのような戦いをするか。

スタメンは以下の通り
GK:川島
DF:内田、駒野、今野、吉田
MF:遠藤、中村、長谷部
FW:岡崎、香川、 ハーフナー・マイク


試合は4-0で日本の勝利。
前半は荒れたピッチに手こずり、相手シュートがゴールポストに直撃するなどヒヤリとする場面も。
しかし、前半36分に今野選手の代表初ゴールで日本が先制。
後半も運動量が落ちたタジキスタンを相手に、岡崎選手の2ゴール、前田選手のゴールで3点を追加。
ホームに続いてタジキスタンに快勝し、勝ち点を10に延ばしました。

試合前から敵地の寒さと芝がはげた劣悪なピッチの状態がスポーツニュースなどで報じられていましたが、実際に試合を観ていて、本当にピッチの状態が悪かったですね。
日本でも、なかなかお目にかかれないスタジアムだと思います。

しかし、そのピッチを克服して4ゴール。
タジキスタンとは実力差もありましたが、アウェーで最高の結果を残しました。

先制ゴールを決めた今野選手は代表初ゴール。
ザッケローニ監督就任後、常時試合に出場しているし、南アフリカW杯でも主力選手でしたが、代表初ゴールだった事は初めて知りました。

もう1つの試合、ウズベキスタンvs北朝鮮の試合はウズベキスタンが勝利。
これで日本の最終予選進出が決定しました。

日本の次の試合はアウェー・北朝鮮戦。
平壌での試合で、ピッチは人工芝。
日本にとっては消化試合になったので、メンバーも大幅に入れ替えると思いますが、試合結果云々よりも、まず無事に日本へ帰って来る事を願いたいです(汗)


準備する力 夢を実現する逆算のマネジメント
角川書店(角川グループパブリッシング)
2011-09-26
川島 永嗣
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 準備する力  夢を実現する逆算のマネジメント の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル