2011年ドラフト会議

新入団選手の交渉権を決める、プロ野球のドラフト会議が都内のホテルで主催。
注目の選手達の交渉権が確定しました。

各球団の1位指名選手は以下の通り
ロ  ッ テ:藤岡 貴裕(東洋大)
横   浜:北方 悠城(唐津商)
楽   天:武藤 好貴(JR北海道)
広   島:野村 祐輔(明大)
オリックス:安達 了一(東芝)
阪   神:伊藤 隼太(慶大)
西   武:十亀 剣(JR東日本)
巨   人:松本 竜也(英明)
日本 ハム:菅野 智之(東海大)
ヤ ク ル ト:川上 竜平(光星学院)
ソフトバンク:武田 翔太(宮崎日大)
中   日:高橋 周平(東海大甲府)

競合となったのは東洋大・藤岡投手、東海大甲府・高橋選手に3球団。
そして、東海大・菅野投手に2球団。
藤岡投手にはロッテ、横浜、楽天。
高橋選手にはオリックス、ヤクルト、中日の3球団。
菅野投手には巨人、日本ハムの2球団。
競合も予想されていた明大・野村投手は広島、慶大・伊藤選手は阪神が、それぞれ単独指名で交渉権獲得。

抽選の結果、藤岡君はロッテ、高橋君は中日、菅野君は日本ハムが交渉権獲得。
原監督の甥という事で、巨人の単独指名が予想されていた菅野君でしたが、競合に踏み切った日本ハムが交渉権獲得。
指名も驚きましたが、その日本ハムが交渉権を獲得した事も驚きです。

藤岡君はロッテが交渉権獲得したと同時に涙。
どうやら意中の球団だったようですね。
昨年の日本一から今年は最下位に沈んだマリーンズにとっては、願ってもない藤岡獲得でしょう。
2位には同じく即戦力左腕の近大・中後投手、3位には藤岡君のチームメートで、往年の五輪金メダリストと同姓同名の鈴木大地選手を獲得。
今年のドラフトはマリーンズにとって最高のドラフトになりましたね。
あとはプロの世界で通用するかどうかですが。

ハイライトとなると、やはり菅野君の件。
自分もてっきり巨人が単独指名で行くと思っていたので、このような結果になるのは予想外でした。
一昨年の長野、昨年の澤村と単独指名で獲得していますが、おそらく今年の菅野君が巨人にとって最も獲りたかった選手の筈。
終始憮然としていた原監督の表情が印象的でした。

日本ハムとしても交渉権を獲得したのはいいとして、これから先が大変です。
球団社長が春には菅野指名を決めていたと言っていたけど、実際には、これまで日本ハムのスカウトが東海大に指名の挨拶に1度も来なかったらしい。
もし、そうだとしたら入団拒否されてもおかしくないし、大事な1位枠を無駄にする恐れがある。
それを承知で指名に踏み切ったのだから、日本ハムにも戦略があるのでしょう。
しかし、何で今年で監督を辞める筈の梨田さんが出席していたのだろうか?

でも、ここから先は菅野君が決める事です。
しかし、自分が思うに菅野君は伯父ほどの運がないような気がする。
原監督は高校1年の夏から甲子園に出て、ドラフトでも4球団の競合から巨人が引き当てた。
しかし、菅野君は甲子園経験がないし、ドラフトも意中の球団外からの指名。
力のある投手なのだから、回り道をしないのが得策ですけどね。

しかし、今年のドラフトでは指名を巡っての情報が右往左往していた。
阪神が伊藤選手から高橋選手に路線変更するだの、楽天が監督と同郷で大学の後輩にあたる野村投手を指名するだの、今日になってソフトバンクが指名予定の武田投手を指名するだのといった報道がありましたが、実際に楽天が指名したのは藤岡君。
日本ハムにしても野村君か藤岡君のどちらかと言われていた。
結局、マスコミのいい加減さに振り回された感の残るドラフトでした(汗)

最後に、今年のドラフトで残った謎。
それは、何でオリックスは、今年も岡田監督にクジを任せたの(爆)


アマチュア野球 vol.31 (NIKKAN SPORTS GRAPH)
日刊スポーツ出版社
2011-10-12
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アマチュア野球 vol.31 (NIKKAN SPORTS GRAPH) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル