なでしこジャパン ロンドン五輪へ王手

ロンドン五輪女子サッカーアジア予選。
日本の3戦目の相手は強豪・オーストラリア。

韓国戦から中1日。
相手は世界ランク9位、W杯ベスト8の強豪。
この試合で勝てれば、ロンドン五輪出場に王手がかかる大事な試合。

スタメンは以下の通り
GK:海堀
DF:近賀、岩清水、熊谷、鮫島
MF:阪口、宮間、川澄、澤
FW:大野、永里優

韓国戦のスタメンから安藤選手に代わって永里優季選手をスタメン出場。
ほぼベストな布陣。

試合は、序盤から日本が持ち前のパスワークで試合を支配。
9分に永里選手がGKと1対1になる決定機を迎えるなどその後も永里選手や川澄選手などの前線の選手が、オーストラリアゴールに迫る。
しかし、シュートの精度を欠き、なかなか先制ゴールを奪えない展開。
対するオーストラリアはカウンター主体の攻撃。
しかし、日本の安定した守備にオーストラリアも決定機を奪えず、前半は両チームスコアレスで後半へ折り返し。

後半も日本ペースで試合を展開。
そして、後半17分に永里選手のスルーパスを受けた川澄選手が落ち着いて決めて、日本が待望の先制点。

その後はオーストラリアのパワープレー中心の攻撃にも崩される事なく、このまま1-0で試合終了。
日本がオーストラリアにも勝利し、これでアジア予選3連勝。
ロンドン五輪出場に王手をかけました。

韓国戦から中1日という厳しい日程の下での試合となりましたが、日本が勝利。
前半に何度かチャンスを逸した時は不安が強かったですが、それも杞憂でした。
W杯優勝で得たものは、やはり日本にとって大きいと思います。

後半の1点は永里優季のスルーパスから、フリーでボールを受けた川澄がGKとの1vs1の場面で落ち着いて決めて先制ゴール。
前半は、この2人がインケツ気味だっただけに、胸のすくようなゴールでした。
これで川澄選手が3試合で2ゴール1アシストの活躍。
まさに相手を「かわす身」の技術も高そうです。
W杯準決勝しかり、「何か」を持っている選手ですね。

勝ったとはいえ、オーストラリアも高さやフィジカルもあって手強かった。
早野氏イチ押しのマッカラム選手も、時折「まっ絡む」てな具合に攻めていましたが、途中で下がってくれたのは、日本にとってはありがたかったw

次の試合は3日後の北朝鮮。
北朝鮮はドーピングで5人が今大会の出場停止処分を受けたが、現在は勝ち点7で日本に継いで2位。
今度の日本vs北朝鮮が事実上の決勝戦(1,2位決定戦)となりそう。
先週の男子W杯予選で北朝鮮は日本に負けているので、またしても日本に負けるようなら、負けた腹いせに北朝鮮政府が日本に向けてテポドンを発射するなんて事になるかもしれません(爆)