松田直樹選手が死去

昨年まで横浜Fマリノスでプレーし、今季から松本山雅に移籍した、元日本代表・松田直樹選手が急性心筋梗塞で死去。
まだ34歳の若さなので、今でも嘘なのではないかと思ってしまいます。

松田選手は、一昨日の練習中に倒れ、見学していた女性看護師が心臓マッサージを施したが、病院に搬送された時は既に心肺停止状態。
昨日も元チームメイトや代表選手も見舞いに来ていましたが、意識は戻らぬまま。
そして、今日、帰らぬ人となってしまいました。

松田選手は、1995年に前橋育英高校から横浜マリノスに入団。
プロ入り後も、アトランタ五輪・シドニー五輪・2002年日韓W杯に代表選手に選ばれるエリート街道。
マリノスのリーグ優勝にも貢献しましたが、昨シーズンに戦力外通告を受けて退団。
今季からJFLの松本山雅に移籍し、16試合中15試合にフル出場していました。

一昨日に、このニュースを聞いた当初は呆然としてしまい、その後は、何とか生還してほしいと思って、ずっと松田選手関連のニュースをネットなどでチェックしていました。
TLでも、個人的な感情に走りかねなかったので、あえて松田選手の話題には触れないようにしました。
そして、今日、お亡くなりになった報を聞いて、マリノスサポでもないのにショックを受けてしまいました。
自分より年下の選手が急性心筋梗塞で亡くなるなんて・・・。
昨年の巨人・木村拓也コーチの件といい、本当に世の中には神や仏なんてものがいない事がわかります。

昨年のマリノスのシーズン終了後のセレモニーの様子を動画サイトで何度か見ましたが、本当にサッカーが大好きな選手であり、またサポーターからも愛されていた選手である事を確認し、同時にマリノスのフロントはとんでもない失態をやらかしたなと思いました。
功労者に酷い仕打ちをしたフロント(木村監督含む)首脳陣は、どのツラ下げて、松田選手の事を語っているのでしょうかね?

今週末のJリーグでは全会場で、松田直樹選手への哀悼の意を込め、哀悼セレモニー(半旗、喪章、黙祷)を行う事になりました。
埼玉スタジアムでの浦和vs神戸戦では、試合後に行われる予定だった都築龍太氏の引退セレモニーも本人の意向もあって、24日の広島戦に延期。
自分も週末は埼スタへ行くので、松田選手に哀悼の意を込めたいと思います。

浦和レッズを応援する自分としては、マリノスの松田直樹は本当に嫌な選手だった。
2004年のCSでも松田・中澤のDF陣は最後まで崩せなかったし。
本当に日本サッカー史に残るDFだったと思います。
最後に、松田選手のご冥福をお祈りします。



amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 闘争人―松田直樹物語 (SAN-EI MOOK) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル