映画「シャンハイ」

映画「シャンハイ」 を鑑賞しました。

この映画は、ミカエル・ハフストロームが監督を務め、1941年の上海を舞台に描くアメリカ・中国合作のサスペンス大作。太平洋戦争勃発前の日本軍占領下の上海で、あるアメリカ諜報部員の死の裏に隠された男女の悲しい運命の物語を紡ぐ作品。
主なキャストにジョン・キューザック、コン・リー、チョウ・ユンファ。
日本からも渡辺謙と菊地凛子らが豪華共演。

ストーリーは、1941年、アメリカ諜報部員のポール(ジョン・キューザック)は、太平洋戦争勃発前の不穏な空気が漂う上海の地を踏む。
彼は親友の死の真相究明のためやって来たが、やがて中国とアメリカ、そして日本を取り巻く巨大な陰謀の真相に迫っていく。
ポールの周りには、常に彼を執拗に追い回す日本人将校タナカ(渡辺謙)らの存在があり、そして付き纏う。

各国の役者が出揃う事もあって、どのような作品になるのか注目していたのですが、何だか反日映画っぽくて、観ていて嫌な気分になってしまいました。
でも、これが史実なんでしょう。
日本人として受け止めなければいけないのかもしれません。

しかしながら、全体的なストーリーの内容はイマイチ。
豪華キャストの割には薄っぺらっかたし、別にシャンハイを舞台にしたくても良かったのではと思うような出来上がりぶり。
ラストも中途半端だったし。

日本代表(笑)として出演したのが渡辺謙と菊地凛子。(チョイ役除く)
渡辺謙は、これまでに出演した洋画同様に存在感のある役を演じていました。
悪役も似合いますね(汗)

一方で菊地凛子は、全く出番がなく、しかも阿片中毒でラリっているだけ。
何だか「ノルウェーの森」みたいな役柄でしたね。

映画のタイトルにもなった上海。
実際に戦前の頃は「魔都」と呼ばれたようです。
ラストシーンで映った妖しげな街のネオンが、そんな雰囲気を感じてしまいました。

そういえば昨年に上海で万国博覧会(パクリ万博)も行われ、先日まで水泳の世界選手権も行われていました。
これらを踏まえてみると、今の上海は治安がいいのでしょうか?

この映画のプロデューサーを務めたのがマイク・メダウォイという人物ですが、実は1941年上海生まれ。
きっと、上海という街に特別な感情を持っているのでしょう。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by D02 地球の歩き方 上海 杭州・蘇州・水郷古鎮 2011~2012 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル