内閣不信任案否決 菅首相は一定の目途つけば退陣を表明

国会でとんだ茶番劇。
菅内閣に対する内閣不信任案が圧倒的多数で否決。
そして、菅首相自身は震災対応で一定の目途がついたら退陣する意向を表明しました。

菅直人首相は2日昼の民主党代議士会で、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の対応にめどをつけた段階で退陣する意向を表明した。自民党など野党3党の提出した内閣不信任決議案が同日午後の衆院本会議で採決されるのを前に、退陣に言及することで民主党内の造反を抑えるのが狙い。菅首相は代議士会で「一致団結しての否決」を求め、不信任案に賛成することを表明していた鳩山由紀夫前首相も反対に転じ、不信任案は否決される見通しとなった。(毎日新聞)

菅内閣に対する不信任決議案は2日午後、衆院本会議で採決され、賛成152、反対293(投票総数445、過半数223)で否決された。菅直人首相が民主党代議士会で自発的な退陣を表明したことを受けて、小沢一郎元代表が「首相から今までなかった発言を引き出したのだから自主的判断でいい」と支持派議員に不信任案に賛成しないよう呼びかけたため、民主党内からの大量造反はなかった。ただ松木謙公元農水政務官が賛成票を投じ、小沢氏は本会議を欠席した。(産経新聞)

まさに茶番。
震災復興に向けて対策を立てなければいけない国会で、菅内閣の不信任案とか、民主党内でのクーデター騒ぎやら、一体、この短期間で日本の政治は何をやっているのかと言いたくなるし、肝心の震災復興の議論はそっちのけで被災地の人達の事など関係なしと言った感じ。
もう日本の政治に呆れているのは慣れっこではあるけど、ここまで来ると呆れたを通り越して憤りすら感じてしまいます。

今回、不信任案が否決となった理由とされるのが、菅首相の退陣表明。
震災対応について「一定の目途」がついたら退陣するそうだが、この「一定の目途」という言葉が、非常に抽象的です。
正直、未曾有の大災害をもたらした東日本大震災に対する復興対策は一筋縄では行かないでしょう。
要するに辞める気など全くないという事ではないだろうか?

それに菅首相が辞めたら辞めたで、今度は誰が首相になるのか。
そういう事すら、全然決まっていない状態だと思います。
只でさえ、毎年のようにリーダーがコロコロ変わるせいで、世界が日本の政治に不信感を持っているわけですから、菅首相だけでなく日本の政治はビジョンを持って行動してもらいたいです。

その菅首相に退陣を要求していた小沢一郎氏は国会を欠席。
やはり、この人は腹黒いだけで、自分の立場が悪くなると平気で逃げ出すような人なのですね(爆)