苦手・マリノスに4年連続ホーム敗戦

Jリーグ第9節。
浦和レッズは、ホーム・埼玉スタジアムにて横浜Fマリノスとの対戦。

GWも後半。
前節で敗れて、ここまで1勝2敗のレッズ。
相手は、埼スタで3連覇中の苦手・マリノスだが、ここで連敗するわけにはいかないので、絶対に負けられない戦い。

試合は、前半はスコアレスで折り返し、後半も半分過ぎになった後半25分に中村俊輔選手からのFKを渡辺選手が頭で合わせて先制。
先制されたレッズは攻撃的な選手を次々と投入するが、マリノスの堅い守りを崩せずに、逆に後半ロスタイムにカウンターから追加点を奪われ万事休す。

試合は横浜Fマリノスが2-0で浦和レッズに勝利し、これでマリノスは開幕4試合無敗。
敗れたレッズは連敗で、4試合中3試合が完封負け。
2008年以降、マリノスとのホームゲームでは4連敗となってしまいました。

今日は、多用があって埼スタへ行く事が出来ずに、NHKでの地上波中継を録画しましたが、まさにマリノスに完敗してしまった試合でした。
前半は得点こそなかったが、まずまずの攻撃を見せていたけど、後半になって先制点を奪われると、ベンチのデタラメな選手交代などもあって、選手各々がバラバラになって、バランスも崩れれしまい、挙句の果てには無様な形で追加点。

前節と同じスタメンとリザーブ。
選手交代まで前節とほぼ一緒でしたが、ベンチは仙台戦で負けた教訓が全く活かされていなかった様子。
これで開幕4試合で1勝3敗。
しかも3試合が完封負けと決定力不足は深刻。

今日の敗戦で、今シーズンは降格争いが現実的となると覚悟しました。
名古屋戦の快勝は、一体何だったのかと思う程、その後の2試合は開幕当初と変わらない結果と内容。
ペトロビッチ監督の采配と戦術は、はっきり言ってメチャクチャと言っていいレベルだし、そんな監督が指揮する試合を、ろくに観ないで招聘したGMにも呆れるばかりです。

マリノス戦に関しては、選手個々を観ると、そんなに出来の悪い選手はいなかったと思う。
スピラはNHKの実況も解説も絶賛していたし、原口のドリブルにもキレがあった。
それでも勝てないのは戦術が悪いとしか言い様がありません。

マリノスは4試合無敗と好調を維持。
先制点を演出した中村俊輔選手も、まだまだ健在ですね。

次節はアウェー・国立競技場にて柏レイソルとの対戦。
相手は、昇格チームながら開幕3連勝と好調のチーム。
勝ち負け以前に、まずは点を取る事ですね。