またしても勝利投手

日曜日のプロ野球唯一のナイター。
東北楽天ゴールデンイーグルスvs北海道日本ハムファイターズの試合で斉藤佑樹投手が先発。

プロ入り初先発初勝利を果たした斉藤佑樹投手。
2度目のマウンドは神戸のほっともっとスタジアム。
対するイーグルスの先発は戸村投手。

試合は、2回表にファイターズが集中打で2点を先制するが、その裏に斉藤投手が2本のソロホームランを打たれて、あっさり同点にされる。
3,4回と両チーム無得点で2-2のまま、迎えた5回表にファイターズは小谷野選手の勝ち越しホームランなどで2点を勝ち越し。

前回は5回でマウンドを下りた斉藤投手でしたが、今回は6回のマウンドへ。
併殺で二死にするが、その後に連打を打たれて1点を奪われるが、勝利投手の権利を残して降板。

7回以降は磐石の継投策で逃げ切り5-3でファイターズの勝利。
これで斉藤投手は2勝目をマーク。

この試合をTV観戦していましたが、打線の援護にも恵まれて勝利投手。
勿論、斉藤投手の投球内容も6回投げて8安打3失点と先発投手の役割は果たしました。
プロ2度目のマウンドで2勝目。
やはり、何かを持っている投手なのでしょうか。

ただ、TVで観ていて、何だか小じんまりしてしまった印象。
解説の武田一浩さんも厳しい評価をしていましたが、決して辛口ではないと思います。
投球フォームも速球の勢いも高校時代の方が良かったと思うし、ボールも全体的に高い。
それでも要所で抑えているのは、ボールのキレがあるからなんでしょうかね。

今度、登板が予定されている試合は、GWに札幌ドームで行われるライオンズ戦が有力。
一発のあるライオンズ打線だけに、低めにボールを集めないと、いかに広い札幌ドームでも抑えていくのは難しいと思います。


斎藤佑樹と歩んだ1406日
ベースボールマガジン社
應武 篤良
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 斎藤佑樹と歩んだ1406日 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル